• 216月

    先日、本屋さんで「iPhoneの本質 Androidの真価」という本を見つけました。

    「オープンモバイル・コネクションズ2008」というイベントの講演をまとめたもので、
    内容的には深く掘り下げたものではないですが、この二つの潮流を理解するには
    良い一冊かと。

    iPhoneに関していえば、開発環境も非常に洗練されているし、それを販売する
    ビジネスモデルもはっきりしていて、やはり一歩抜きんでている感があります。

    Androidに関してはあまり詳しくなかったんですが、開かれた技術という
    印象がするのは、フリーソフトの文化を広げやすい気はします。
    GoogleにはAppleとはまた違った魅力も感じるので、これはこれで試してみたい
    気もしています。

    あと、開発環境もやはり「開かれて」いて、WindowsやLinuxでも開発できるのは
    良いですね。
    iPhoneもWindowsで開発できれば、さらに裾野は広がるのかも。
    まぁ、アプリケーションを作る立場からすると、これ以上、ライバルが増えても
    困るんですけどね。(^^;

    また、Palm PreのwebOSも気になるところです。

    技術的興味は尽きませんが、ビジネスモデルとしてはやっぱりiPhoneだなぁ。
    ぼちぼち本格的に勉強しようと思います。

    Filed under: Smartphone
    2009/06/21 11:11 pm | iPhoneの本質 Androidの真価 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.