• 2910月

    HOYAからの買収で色々とバタバタがあったPENTAXですが、
    子会社になったかと思ったら、なんと来年の3/31にはもう
    HOYAに吸収合併されてしまうそうで。

    合併後の社名は「HOYA 株式会社」になるとのことで、事実上、
    ペンタックスの89年の歴史に幕が下りる形になるようです。

    90周年の記念モデルとして、LXの後を継ぐような高級一眼レフ
    デジカメとかを期待したかったところですが、この状態だと無理
    かもしれませんねぇ。

    一応、合併後もペンタックスブランドは存続する方向のようですが
    利益の上がりづらい分野は、どんどん縮小されてしまうのでしょうねぇ。

    とはいえ、今の中級デジタル一眼レフの牽引役になったのが
    K10Dであるのも、また事実ですし、ぜひ今後も志気を下げずに
    頑張って良い製品を輩出してもらいたいと願っています。


    ペンタックス K10Dレンズキット

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2007/10/29 3:31 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • warabie Says:

    お早うございます、お邪魔致します。

    こうなってしまいましたか、寂しいニュースとしかもう言葉がありません。
    ユーザではない自分が心配するのはお門違いなのかもしれませんが、645や67という中判フォーマットあたりなどは今後、どういう動向になってゆくのでしょうね。

  • MacBS Says:

    warabieさん、コメントありがとうございます。

    利益が出ているデジタル一眼あたりは継続される
    でしょうけれど、中判は厳しいでしょうねぇ。

    MAMIYAもああいう状態ですし、大型なフォーマットは
    全滅のような状態になってしまうのかもしれません。

    ただ、この状態に負けず、良い製品を輩出し続けて
    ほしいですね。
    ユーザーとして、微力ながら応援したいと思います。

  • shigechan Says:

    どもども、こんにちは。
    私が心配しても仕方がないと思いつつ心配していますが、一つ言えるのは
    ”PENTAXの645や67は、なくしてはいけないプラットフォームだ”という
    事です。プロアマ含めて相当数のユーザーが居る筈ですので・・・。
    一方で、645デジタルも絶対に必要だと(発売すべき)思います。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    銀塩の645,67については、とりあえず現行機種の
    販売はなんとかあと数年は継続するかもしれませんね。

    中判も今となっては事実上、国内メーカーでは
    MAMIYAとPENTAX、あとはFUJIFILMくらいですものねぇ。

    デジタルに関しては、現実はかなり厳しいと思います。
    一般の認識として、フルサイズ35mmは中判並みか、
    それ以上の解像度、という考え方みたいですから。

    実際には被写界深度とかラチチュードの問題など
    まだまだデジタルや35mmサイズでは解決できない
    ものが沢山あるのですけどねぇ。

    HOYAの買収はYASHICAの京セラによる買収の時以上に
    厳しい締め付けがあるように思います。
    とにかく、人材の流出だけは避けてもらいたいものです。