• 0110月

    先日、古本やさんで絶版本の「カメラメカニズム教室」の上下巻を
    見つけたので、少々高かったけど、ゲットしておきました。

    4257120150 カメラメカニズム教室〈上〉
    金野 剛志
    朝日ソノラマ 1996-10

    by G-Tools

    4257120169 カメラメカニズム教室〈下〉
    金野 剛志
    朝日ソノラマ 1996-11

    by G-Tools

    特に下巻のほうが品薄なのか、プレミアが付いてるようですね。

    元々、カメラメーカーの若手技術者向けのカメラの勉強会用の
    資料を基に加筆されたものだそうで、大変詳細にカメラの仕組みが
    書かれています。

    上巻は比較的簡単なカメラの分類とか、距離計の話などが中心で
    下巻は絞りの仕組みや一眼レフのクイックリターンミラーのこと、
    さらにはデート機能など、細かいところまで網羅されています。

    意外だったのが、オートデートの文字の色が何故、赤い色ばかり
    なのか?という点。
    これ、基本的にフィルムの裏面から感光させるので、赤い色素が
    強く反応し、その上の色素まで光が届きにくいせいなんだそうで。

    だから、フィルム面側から感光させるような仕組みのものなら、
    他の色の文字も入れられるってことみたいです。
    まぁ、当時は赤色LEDが主体だったせいもあるんでしょうけどね。

    レンズシャッター機などについても結構、細かく機構が解説
    されているので、修理の参考にもしたいと思っています。

    「やさしいカメラ修理教室」も欲しいんですけど、これまたなかなか
    見あたらないんですよねぇ。

    4257120304 やさしいカメラ修理教室 (クラシックカメラ選書)
    大関 通夫
    朝日ソノラマ 2001-07

    by G-Tools

    Filed under: Photo
    2007/10/01 9:56 pm | カメラメカニズム教室 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.