• 1510月

    先日、ここで紹介して、自分でも買おうか迷っていたエイ文庫の
    「120%オートハーフも楽しむ本」ですが、結局、買ってしまいました。


    120%オートハーフを楽しむ本

    で、この本、読んでると、固定焦点だから、という理由で物欲の
    範囲外だったオートハーフも、結構いいなぁという気がしてきました。

    まず、レンズが富岡光学製なんですね。
    だからこそ、固定焦点とはいえ、描写に説得力があるわけです。

    それに固定焦点でない機種も何機種かあるようで。
    特に大口径レンズの付いた「RICOH AUTO HALF SL」なんていう
    機種を見つけてしまったから、これは見てみたいかも。

    ただ、オートハーフは人気ですから、お値段が高いんでしょうねぇ。
    やっぱりお値段からいくと、PENシリーズやコニカのEYEあたりの
    ほうがコストパフォーマンスは高いのかもしれません。

    Filed under: Photo
    2007/10/15 5:54 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    条件さえ揃えば結構イケますよ(^^
    ただ、その条件を揃えてまで撮るかが問題ですが(笑)

    ゾーンフォーカスのように目測で調整出来るのもありますし
    記事中にもありますよう、SLと言う化け物も存在しますから
    機会があれば使ってみるのも宜しいかと思います。
    と言うか、フォトセッションを本気でやりましょう。
    オートハーフなら稼動状態のが10台以上ありますから(笑)

    あ、あと同じレンズのCADDYはマジでお奨めです(^^

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    先日、ついに毛嫌いしていた固定焦点のEE-2に
    手を出しちゃいました。
    考えてみれば、目測だってあてになるもんじゃないんですけどね。

    フォトセッション、いいですねー。ぜひ!!
    秋も深まってきますし、お互いに手近な高幡不動あたりで。(笑)
    それまでにマミヤの645が修理から戻ってきてくれないかなぁ。

    CADDY、レンズは同じなんですね。メモメモ。
    RICOHはXR RIKENONの描写が好きなので、きっと
    気に入ると思うんですよね。

    そうそう、うちにいくつか、ちょっと手に負えないジャンクが
    数台あるんですが、お送りしましょうか?(爆)
    C35FDとか、MINOX、ペトリハーフ7といったところ
    なんですけど、どれも厄介者です。(^^;