• 145月

    Windows 7 RCの影でひっそりと、MSDNにWindows VistaのSP2が
    出ていました。

    正式配布を待つべきか、ちょっと迷ったものの、このところ、Vistaの調子が
    あまり良くないし、ダメ元で入れちゃおうと思い、インストールしてみました。

    ISOをダウンロードしましたが、サイズは1GBを超えていて、ちょっと
    このサイズは引いてしまいますねぇ。
    そのわりには、アップデート項目はワイヤレス接続の高速化とか、
    Blu-Ray対応など、あまり目立ったものはありません。

    まぁ、悪口はそのくらいにして、インストールをしてみます。
    ISOを焼くのはDVDがもったいないので、仮想ドライブにマウントして
    インストールしました。

    ちなみに仮想ドライブのソフトには、「Virtual CloneDrive」を使いました。
    これだと、Vistaにも対応していて、便利です。

    これまでのVistaのインストーラと同様、まずはインストールメディアを
    HDDに全部読み込んでから、再起動しつつ、インストールされていきました。
    HDDの空き容量が結構あったほうが安心ですね。

    インストール自体は約1時間ほどでした。
    特に不具合もなく、快適に動作しています。

    これといった修正項目は挙がっていませんが、動作自体はなんとなく安定して
    くれている気がします。
    正直なところ、これが通常で言うところの「SP1」といったところなのかも。

    Windows 7もXPからのアップグレードでは不具合も結構出そうな感じですし、
    登場前に一旦、Vistaにアップグレードする暴挙手法も良いかもしれません。

    B00174BI5Y Windows Vista Home Basic SP1 アップグレード 特別優待版
    マイクロソフト 2008-04-25

    by G-Tools

    とはいえ、なにかとマイナー感が漂うVistaも、自業自得な面はあるとはいえ、
    ちょっぴりかわいそうなOSなのかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2009/05/14 9:17 pm | Vista SP2、インストール はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.