• 141月

    先日からずっとスリープ後の復帰時のハングアップに悩んでいた
    eMachinesですが、USBハブの導入もむなしく、相変わらずハングが
    続いていました。

    このままでは、毎回電源を落とさなければいけないので、どうせなら
    「休止状態」を試そうと、色々調べてみました。

    電源状態はいくつかあって、「休止状態」はメモリ内容をディスクに
    書き出して、ほぼ電源断状態になる「S4」と呼ばれるモードだそうです。

    で、実際、「休止状態」を試してみると、ハングせずに復帰します。
    時間も意外にかかりませんし、TV録画も休止に対応してるようなので
    これが常用モードになりそうです。

    ただ、ちょっと席を外す、といった程度の場合は少し面倒なので、
    「S1」が使えるように、BIOSを設定しました。

    「S1」だと、スリープになってもCPUのクロックが0になるだけといった
    感じで、ファンも回ってますし、メモリ以外も通電状態です。
    省電力という意味では、大きな効果は期待できませんが、これなら
    復帰も安定してますし、付けっぱなしよりはマシかと。

    ちなみにこれまでは「S2」になっていて、この場合はメモリが通電中で
    他はほとんどOFFになります。
    バスはクロックが停止してるようですが、電源OFFになっちゃうケースも
    あるみたいで、この辺りが原因で復帰しなかったのかも。

    ともあれ、休止と軽いスリープで、ハングを乗り切れるといいなぁ。

    Filed under: PC
    2008/01/14 12:54 pm | S4とS1でハング予防 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.