• 036月

    (6/4 21:08更新)
    他のWebブラウザにも似た機能が実装されていたので、検証した内容を
    追記して、更新しておきます。
    ---

    Google Chromeで、いつものようにWebブラウズしていると、突然、
    こんな画面が出てきました。

    セーフブラウジング
    セーフブラウジング posted by (C)MacBS

    おともだちのおともだちさんのWebサイトを訪問したときに出てきたのですが、
    同時にAvast!も反応したので、かなり信憑性は高そうです。

    内容的には「HTML:Iframe-inf」とのことですから、iframeでトロイが
    埋め込まれている可能性が高いのではないかと思われます。

    Google Chromeには「セーフ ブラウジング」という機能があるので、
    そのページに行く前に、こうやってそれを防止してくれるわけです。
    もちろん、これで確実に防御できるわけではありませんが、ウィルス対策ソフトと
    併用することで、だいぶ安心感は増すのではないかと。

    Google提供のソフトやサービスでは、プライバシー情報の扱いでは
    多少「?」を付けられることも多いようですが、こうした取り組みも
    やってくれていますし、評価できる面が多いのではないかと、個人的には
    思っています。

    Google Chromeはスピードも速いし、メモリ消費も少ないので、かなり
    オススメですが、FireFoxでも「Google ツールバー」を導入すれば、
    同様に「セーフブラウジング」を利用することができるようです。

    ---
    ご指摘いただいたので調べなおしてみました。

    FireFoxやSafariもGoogle提供のAPIで、ほぼ同等の機能が実装されている
    みたいです。
    IE8やOperaも別実装ですが、こちらにも似た機能が提供されています。

    ただ、Google Chrome以外では、今回検出されたWebサイトで警告が
    出ませんでした。
    サイトの危険性が低いためなのか、それとも、情報が古いためなのかは
    不明ですが、多少、検出率(?)に差違があるようです。
    ---

    また、Mac版のGoogle Chromeはまだ出てきませんが、内部では
    順調に進んでいるらしいので、そちらの登場にも期待したいところです。

    なお、上のサイト様には、おともだちさまを通じて、現在ご連絡中です。
    大きな問題がなく、解消されると良いのですが…。

    Filed under: PC
    2009/06/03 10:04 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • 匿名 Says:

    FirefoxでもGoogleツールバーを導入せずとも標準で対応してますよ

  • MacBS Says:

    コメントありがとうございます。

    早速、調べ治しましたら、FirefoxやSafariも
    Googleから提供されたAPIを標準で実装しているようですね。

    ただ、実際に現象の起きたサイトで確認したところ、
    Google Chrome以外では検出されませんでした。

    Google Chromeの誤検出の可能性もありますが、
    念のため、エントリーした内容に追記しておきました。

    情報、ありがとうございました。