• 043月

    2/26に発売になった鉄道シミュレーションゲーム「A列車で行こう7」。
    発表当初、動作環境がかなりハイスペックを求められることでも
    有名になりました。

    A列車で行こう 7
    アートディンク 2005-02-26

    by G-Tools

    推奨環境はPentium4 2GHz以上、メモリ512MB以上は今では
    結構それなりになってきましたが、解像度1280x960pixel、VRAMが
    128MB以上というのは、今でもクリアできてない方も多いかも。

    そんな中、動作状況を確認できる「A列車で行こう7ベンチマークソフト」が
    公式サイトで公開されています。
    デモ版ではないので、実際にゲームをプレイすることはできませんけど、
    ゲーム画面は見られますし、自分のマシンでの動作の快適さも体感することが
    できます。

    うちのマシンだと、フレームレートは15~25fpsで、遊べる範囲内みたい。
    それでも、ややグラフィックが弱いかなぁという感じです。

    購入を検討されてる方は、ぜひベンチマークを試してみてくださいませ。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2005/03/04 10:12 pm | A列車で行こう7ベンチ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.