• 028月

    導入してだいぶエージングも進んできた(どう考えてもほとんど使ってなかったっぽい)、ゼンハイザーのイヤホン「IE 80 S」ですが、純正のイヤーピースは触った感じと同様、なんとなくペコペコした感じなので見直してみることにしました。

    ネットで情報収集した中から、あんまり高価でないものを2つほどチョイスしてみました。
    選んだのはJVCのスパイラルドット「EP-FX9ML-B」(MLサイズ)とオーディオテクニカのファインフィットイヤピース「ER-CKS50M BK」(Mサイズ)です。

    まずはビクターから試してみましたが、簡単に言うとまさにビクターの音になりますね。
    イヤーピースの内側にドットのようなものがあり、そのおかげか、純正にあったイヤーピースの共振のようなものは消えて、その点では良好です。

    純正と見比べても質感も良いですし、大きさもほんの少し大きいので耳へのフィット感も悪くありません。
    ただ、元々強めな中低域がやや厚くなる感じがあり、中高域の透明度は上がっているものの、Pono Playerの音傾向も合わせるとちょっと思った方向の変化ではありませんでした。
    もちろんリケーブルとの兼ね合いもあるので、将来的に見直す可能性は大いにありますけどね。
    なおステムの太さとの合致具合は非常に良好で付けやすく外れにくそうです。

    つづいてオーディオテクニカですが、こちらはある意味、JVCと正反対の音の変化です。
    高域が自然に伸びていますが、低域はやや薄くなり過ぎの感があります。
    耳への装着感も形状としては悪くないのですが、私には若干小さすぎたかもしれません。

    ステムに大してもややキツめで、装着はやややりづらかったです。
    ただIE80Sの場合はイヤホン側に低域の調整機構がありますので、こちらのほうでいちばん絞った状態(デフォルト)から1目盛り弱くらい増量しますとウェルバランスとなりました。
    そもそも、この機構で低域を絞ると量が減るだけでなく「バスレフポートにスポンジを詰めた」ような抑圧感も出るので、その点でも多少開いたほうが開放的な音になるような気はします。

    ちなみにSpinFitも試しましたし、SHUREさんからもらったイヤーピースセットも試そうと思いましたが、前者は音が合わず、後者はステムの太さが太すぎて装着できそうもなく、諦めました。
    そんなこんなで、現状はオーディオテクニカのファインフィットイヤピースを採用となった次第です。
    ただエージングもまだ進んでいるような気がしますし、リケーブルも検討中なのでまた変更になったらご報告しようかと思います。

    Filed under: Audio
    2018/08/02 12:00 pm | No Comments
  • 018月

    先日導入したAcoustic Advanceのミュートパネルですが、その配置転換も含めて天井のコーナーの対策も試してみたいと考えました。

    メーカーさんにレビューも兼ねた貸し出しをお願いしてみたのですが、やはりピンで刺したりする品だけに販売のみとのこと。
    オーディオアクセサリはやはりそれなりのお値段になりますから、他の方のレビューや貸し出しなどがないと効果が分からないのでダメ元で導入するのはなかなか難しいところです。
    購入した天井用のものを半分に切って試してみることも考えましたが、そうすると直角三角形になるわけで、コーナーに装着しやすい形とは言えません。
    なお本物は一辺が364mm×420mmの二等辺三角形のようで、ヨドバシ・ドット・コムがお安いようです。(2枚で8000円弱くらい)

    メーカーさんには申し訳ないですが、それならば代替素材で自作してお試ししてみようということに。
    元々、ドアにはピラミッド型のを自作してありますし、コーナーパネルは素材さえあれば加工はそれよりずっと簡単です。

    本来ならフェルトを固めたようなボードが良いのかもしれませんが、重すぎると落下してしまいますし、ピンも絵画用のものだと結構高価です。
    そこでフック型のピンと450mmx840mmのボードをダイソーで調達してきました。
    この大きさだと42cmの正三角形なら3枚作れますので、ボード2枚で計6枚作成できました。

    設置は上側をフックピン、下は丸ピンとしました。
    本物がどういうピンになっているのかは不明ですが、ピン留めなのは間違いないようです。
    #サイズも含め、この辺りの情報もいまいち不足してるんですよねぇ…。

    作った時点でスマホアプリのトーンジェネレーターで吸音具合を本物と比較してみましたが、やっぱりそこは本物の圧勝でした。
    5kHzなどの高域寄りの静けさが全く違いますし、軽く叩いた場合の音の感触も自作のほうはポコポコしていて、そもそも手荒に扱えばポキっと折れてしまいます。
    ただ、ミュートパネルであっても背面の空気層が重要なのは変わらず、これがなければ中低域の吸音能力はグッと落ちてしまうようです。
    コーナーパネルの場合には背面に空間ができますし、むしろ低域で作用してほしいところもあったので、自作でもそこそこいけるのでは?という期待もありました。

    計6枚はオーディオ部屋仕事部屋の天井の四隅、それにリビングのピアノの奏者背面の隅2ヶ所に取り付けました。
    結果としては上々の効果でして、天井が数十cmは高くなったような印象になります。
    なぜか左右のセパレーションも向上して、映像で言えば画面が2回りくらい大きくなって解像度も上がったような雰囲気となりました。
    もちろん音像が肥大化することはなく、定位自体はビシッと決まり、その上で雄大さも表現できるようになって、箱庭感が大幅に改善しています。

    もちろん本物のミュートパネルをラック横辺りに配置しなおしたり、アースを強化したことも相乗効果を発揮しているとは思いますが、自作のコーナーパネルもなかなかのものかと。
    そのうち本物のコーナーパネルに置き換えることも考えようとは思いますが、むしろパネル背面にフェルトを貼ってみたり、昔、ACOUSTIC REVIVEさんにあったピュア・シルク・アブソーバーみたいに綿を置くなんてのも良いかも。
    製品の完成度や音のまとまりの良さも承知した上ですが、それとて自身でちゃんと使いこなさなければ本来の性能は発揮できません。
    「値段が…」と気にされる方ならなおのこと、創意工夫で自作して試されてみる価値はあるかと思いますし、その上で判断して製品を入手されるのも良いかなと個人的には思うところです。

    Filed under: Audio
    2018/08/01 2:00 pm | No Comments
  • 307月

    自作の仮想アース(アンプ用タップ)とRGC-24 TripleC-FM(プリアンプ)、それにiPurifier-AC経由でトイレからのアース引き込みで一旦は落ち着いていたアースの扱いですが、このままだとアクティブアース系の製品がどうしても気になるのでちょっと見直してみることにしました。

    その前にエアコンの室外機のためにアース棒を庭に敷設してあったのですが、これだけでもずいぶん効果があったことも一因ですし、自作の仮想アースの見た目が…という意見が多かった(私自身は効果があれば見かけはどうでも良いとは思ったのですけども)ので、せっかくならそれも込みで見直そうかなぁと。
    なお、アース棒であっても工事には資格が必要ですので、その点はご注意ください。

    まずはエアコン室外機とは別にアース棒を打ち込み、部屋まで引き込んでみました。
    最初はお試しですのでアンプ用タップのグラウンドに電源プラグを2芯にするのに抜いてあったアースピンを使って接続です。
    この時点ではアース電位はむしろ上がるくらいで、16V近辺を示していました。
    いつものAKURATE DSの残留ノイズもやや増えるくらいで大きな改善は見られず、ちょっとガッカリ。

    その後もあえてiPurifier AC経由にしてみたり(ちゃんと緑色にはなりました)しましたが、あまり変化はありません。
    パソコン側に敷設するとかえって悪くなったほどです。
    正直なところ、RPC-1をデジタルで使うこと、それに自作の仮想アースをアンプ系に使うのが、思いの外、効果を発揮しているというのが分かったというのが実情でした。

    そこでまずは自作の仮想アースも併用した状態で実際に聴いてみることに。
    すると聴感の印象は計測とはまた違っていて、ACOUSTIC REVIVEさんのリビングで旧製品のアースリンクの有無を比較させてもらった時のように、庭からのアースがあると音像がビシッと定まります。
    今までは時間帯やソースなどによって定位がなんとなく不明瞭になることがありましたが、それがかなり軽減されたようです。
    とりわけCDでは「ここまで音がブレないのか!」と思うほどで、RCA-absolute-FMの良さがさらに引き出されてきた(AKURATE DSとの差が開いた、とも言う)と感じます。
    正直、アースリンクがあればなぁ…という気持ちはまだ心の奥底にありますけれど、アース棒でも効果は出るようです。

    ただ一方で使い方を誤るとわりと簡単にアースループや弊害も出るので、残留ノイズの計測はぜひやってみたほうが安心です。
    それは仮想アースの類でも同様で、何個もアースを取れる、みたいな製品が多いですが、実はアースループができてしまっている…ということは多いのではないでしょうか。

    やや話が逸れましたが、自作の仮想アースも数値的には良いものの、ややノイズフィルター的に音が痩せる傾向があるようにも思いましたので、プリアンプから電源タップにRGC-24 TripleC-FMを移動させてみました。
    この時点で残留ノイズの計測結果はフロアノイズは1dB弱上がるものの、ピークノイズは減少傾向で、効き方にずいぶん差があります。
    またRGC-24の置き場所でもかなり変化があり、最初は電源タップのIECコネクタ下辺りに配置していましたが、色々試した感じではヒッコリーボードの上、電源タップの横に置くのがベストのようでした。

    さらにアース棒を2本並列打込にして、接地抵抗をちょっとでも下げてみました。
    これでシャーシ電位は12Vくらいまで下がりましたが、やはり市販のアース棒程度ではそれほど大きな効果は出ませんね。
    しかし、音自体は高域のキツさが減りつつも、キレ自体は向上して音像の安定感もさらに増したようです。
    残留ノイズの計測結果も対処前とほぼ同等くらいにはなりましたし、何より音質面での効果を優先してこの配置としました。

    なお、RGC-24 TripleC-FMの用途として電源タップのグラウンドに接続する使い方はメーカーで推奨しているわけではありません。
    そこはあくまでも自己責任に実施をお願いいたします。

    Filed under: Audio
    2018/07/30 12:00 pm | No Comments
  • 297月

    Pono Player導入でイヤホンもちょっと見直したいなと思い始めて、ヘッドホンで気に入っているゼンハイザーが良いだろうということで「IE 80 S」を導入しました。

    NOBUNAGA Labsの「TR-IE3」ですでにリケーブルされているという理由で相当お安くなっているのをゲットした次第です。
    偽物も多いIE8シリーズなのでそこはだいぶ心配しましたが、どうやら諸々の特徴などからして大丈夫なようです。
    ちなみにほとんど使われていないような印象で、届いた当初は低域がボヤケていました。
    エージングも必要でしたが、ピンの部分に接点復活剤を塗布することで高域が相当伸びて鮮度が上がりました。
    どうもゼンハイザーのリケーブル部分は諸々の問題を抱えているものが多いような印象があるのですが、気のせいかなぁ。
    そもそも独自形式というのは勘弁してほしいところではありますが、それでも断線の恐怖があってIE60にはしなかったという実情もありますから仕方ないところです。

    主な用途はPono Playerですが、Ponoも解像度より音の厚みを重視した傾向ですので、ちょっと方向性が被って強調されるきらいはあります。
    ポタアンや他の据え置きアンプでも試しましたが、相性の良さという点ではDigiFiの付録アンプで特色が活きてくる傾向でした。
    LUXMAN P-1だと分離は良くなりますし駆動力はさすがに抜群ですが、抜けがイマイチに感じるのはイヤホンの限界なのか、それともアンプとの相性かもしれません。
    全体の方向性としては手持ちのヘッドホンやイヤホンでいうとHD25-1 IIに似た方向ですが、それよりはもうちょっと解像度もあるように思いますし、音に広がりもあって圧迫感はだいぶ少なくて開放型にやや近いような聴感を得られます。
    遮音性はイヤーピースにもよると思いますが、それほど高いほうではないでしょう。

    もっと良いリケーブルにすればさらに真価を発揮しそうな気もしますが、なにせ特殊コネクタなのでそれほど種類が豊富でもありません。
    また純正ケーブルはIE80のものは市販されていますが、ゼンハイザーさんに問い合わせたところ、IE80S用はまだ出ていないそうです。
    IE80Sからケーブルがかなり改良されているそうなので、IE80のものを使うのはちょっと今さらですし、当面はこのままで様子を見てみようと思っています。

    SHURE掛けに特化された「TR-IE3」は絡みづらいですし、扱いやすい良質なものではあります。
    高域の華やか重視なところはややあって、見かけの解像度は少し上がっているのでしょうが、IE80Sのユニット本来の能力をうまく引き出すには至っていない印象はあります。
    ただ、セパレーションは非常に良いのは他のイヤホンと比べてもハッキリ分かりますので、その点も含めて旧バージョンの純正ケーブルよりは明らかに勝っているでしょう。

    その後はもうすっかりPono PlayerやiPhoneで常用していますが、情報量は最新鋭のイヤホン群と比べるとさほど豊かなほうではないと思いますが、バランス良く音楽を楽しませるものです。
    なおインピーダンスは16Ωと低めなのでiPhone単体(付属のアダプタ経由)でも十分に鳴りますが、能率はあまり高くないからか、意外とアンプの駆動力は求められる傾向です。
    アンプの残留ノイズも目立ってくる傾向ですし、そういう意味では意外に上流にシビアではありますね。

    なお、イヤーピースに関しては純正だとどうもカサカサしたり、フィット感も良くないのでここは見直すことにしました。
    そちらについてはまた後日紹介したいと思います。

    Filed under: Audio
    2018/07/29 2:00 pm | No Comments
  • 247月

    ケーブル大全2019が7/26に発売だそうで。

    正直、最近はあまりオーディオアクセサリー系の書籍は読まなくなったのですが、たまには最新事情を把握しておいたほうが良いかなぁという気もしてきました。
    大抵のものはSNSでフォロワーさんが導入されたりして知ることになるわけですけれども。

    また、単純にケーブルを取り上げるだけではなく。ケーブル使いこなしについても触れてあるそうで、あまり過度な期待はできませんけど多少はそこも面白そうかなぁと。
    主だったものとしては「ケーブルインシュレーター スクランブルテスト」が挙げられていたりしますし、これも何らかの計測だとか、せめて複数の人の感想などがあればもっと有用なのになぁと思ってみたりもします。
    商業雑誌で悪口は書けないと思いますが、たとえば「床が弱い人にはコレが合ってる」とか「長いケーブル引き回しにはたくさん使えるコレ」といった具合に、それぞれのニーズに合わせたレシピみたいな提案が欲しいところです。
    まぁそういう形であってもメーカーだけでなく、そのケーブルをお使いのユーザーさんからも苦情が来たりする時代なのでしょうけれども…。

    メーカーの偏りも多少は改善傾向が見られるようで、LUXMANやAccuphaseといった機器メーカーが出しているものも紹介されているようですし、チェルノフというロシアの製品なども取り上げられているんだとか。
    ちなみにACOUSTIC REVIVEも「出川式ユニット搭載の最高峰電源ケーブル」が掲載されてますが、写真が試作モデルのままですね。

    製品版の「POWER SENSUAL-MD」は下のような黒いMDユニットになっています。

    読んでしまうと色々と物欲が湧いてしまう方は近寄らないほうが良いムックかもしれませんが、電子書籍もあるそうですのでそちらもぜひ。
    #ただ、現時点ではなぜかAmazonでは品切れ状態になっていますし、電子書籍も見当たりませんが…。

    Filed under: Audio
    2018/07/24 3:06 pm | No Comments
  • 237月

    オーディオのリスニングポジション用の椅子がちょっと低かったので、以前からできれば替えたいなぁと思っていたのですが、なかなか良さそうな出物を見つけたので思いきってソファを導入することにしました。

    ル・コルビジェのLC2風ですが、当然ながらカッシーナではありません。
    カッシーナだとサイズは「W760 × D700 × H660(SH475)」だそうですが、入手したものの実測値は「W900xD730xH700」となんだか大きめだったのはちょっと誤算でして、部屋に入れる(入り口のドアを通す)のにかなり苦労しました。

    座面高は420mmなのでこちらはむしろ低くなっていて、そこはクッション部分がさすがに違うんですね。
    本物は金属部分のアールがキレイだったり、諸々の作りが違うようです。
    ただ他にもジェネリック(?)なものはたくさん出ていますが、サイズはわりと小さめのものが多いみたいですね。

    部屋のサイズからしてちょっと大きすぎた感は否めませんが、座り心地は思った以上に良くて、音楽に没頭できるようになりました。
    心なしかルームアコースティックも良くなったようで、その前に導入したミュートパネルの効果と相まって、背面や側面の反響がだいぶ軽減されているような気がします。
    狭くなったのも、ちょっとの間、オットマンもどきを置いてあったのから比べればそんなに気になるほどではありません。

    仕事部屋としてはそろそろ限界かなぁという気もしますので、秋以降には隣の8畳を整備して一部はそちらに移動させようかなと。
    オーディオを移動させるのか、はたまた仕事部屋を移動させるのかはまだ決めかねているところです。
    光回線はこの部屋に引き込んでありますし、ネットワークオーディオやPCオーディオも残すでしょうし、判断の難しいところではあります。
    そもそも仕事スペースは1階にも「第2分室」をすでに用意してありますから、そっちにMac Proを移動させても良いのかなと。

    ちなみにリビングのソファーもLC3(?)に近いデザインのドイツ製で、作りとしてはさすがにこちらのほうがしっかりしてるかな?
    これもお気に入りですし、両方とも大事に長く使っていけたら良いなと思います。

    Filed under: Audio
    2018/07/23 12:00 pm | No Comments