• 231月

    昨日あたりから噂が出ていましたが、新色のiPod nanoが登場したようで。
    http://journal.mycom.co.jp/news/2008/01/23/003/

    Apple Store(Japan)

    派手な感じかなぁと思いましたが、材質の関係からか、しっとりとかわいい感じに
    仕上がってるみたいですね。
    Appleの担当者さんは「春向けの新色やバレンタインデー・ギフト」に、とのことですが、
    ちょっと早めのホワイトデーのお返しにも良いかも。

    iPod miniの時もそうでしたけど、これだけカラーバリエーションをやっても在庫管理が
    ちゃんとできるものなんですね。
    結構、色によって人気・不人気が出そうですけれど。

    そのあたりも直営店があるから、販売側からのフィードバックがすぐに生産側に届く
    メリットなのかもしれません。

    Filed under: Mac
    2008/01/23 12:39 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • warabie Says:

    今晩は、御邪魔致します。

    確かに、買いたい色が在庫切れだったらお客様はがっかりだし、不人気色ばかり在庫がでてしまったら倉庫管理が大変ですし、どの色をどれだけ発注するか見極めるのは大変そうです。

    自分は、今回の新カラーはてっきりAppleがピンクリボンキャンペーンに参加したのか、と早トチリしてしまいましたが、Appleのニュースリリースにはそういった主旨は触れられていませんでした。偶然だったのでしょうか?

  • MacBS Says:

    warabieさん、コメントありがとうございます。

    色バリエーションの管理はiMacの頃からのノウハウが
    活かされてるのかもしれませんね。
    あの当時はフラワーパワーとか、やりすぎの感もありましたが。

    ピンクリボンキャンペーンの件は、出る前に
    そういう噂がありましたね。

    私も以前の会社で、それに関連する仕事に従事したことが
    ありますが、まだまだマンモグラフィーなどによる
    診断が普及していないのが実情のようです。

    触診ではわからない部分も結構あるみたいですし、
    前回との比較も出来て良いのですけどね。

    で、Appleは直接は公表していませんけれど、
    それに賛同する意味合いもあるのではないかと
    勝手に思っております。