• 269月

    Intel化の進むMacですが、まだIntelネイティブ対応できていない
    大物ソフトのひとつ、MSのオフィスソフトが「Office 2008 for Mac」
    として、来年の1月下旬に発売予定と決まったようで。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0926/ms.htm

    決まったといってもまだまだだいぶ先ですねぇ。
    まぁ、Mac OS XもLeopardの発売を控えてますから、それが出て
    落ち着いてから、という判断もあるのかも。

    とりあえず、現状は「Office 2004」を購入しておいても、今からの
    購入なら、3000円の実費負担で「Office 2008」にアップグレード
    できるそうで、それならさっさと導入しちゃったほうがお得かも。

    B0001ZWGB0 Office 2004 for Mac Standard Edition 通常版
    マイクロソフト 2004-06-18

    by G-Tools

    まぁ、うちは既に2004を導入済みですので、アップグレードするかと
    言われると、結構、微妙なところですね。

    フリーのオフィスソフト「NeoOffice」も完成度は結構高いですが、
    とはいえ、まだMSのドキュメントとの互換性は高いとは言えません。

    むしろ、個人的には先日、Appleさんからいただいた「iWork ’08」の
    ほうが、互換性も意外と高くて良いんじゃないかなぁと。

    B000UWRC40 iWork ’08
    アップルコンピュータ 2007-08-08

    by G-Tools

    ビジネス用途で使うわけでなければ、iWorkとNeoOfficeの二つを
    用意しておけば、なんとかなるような気がしないでもありません。
    まぁ、Office 2008がどのくらい進化(?)してるかにもよりますね。

    Filed under: Mac
    2007/09/26 8:11 pm | Office 2008 for Mac はコメントを受け付けていません

Comments are closed.