• 0111月

    正確には「ウィルス」ではないですけれど、Mac OS Xをターゲットにした
    トロイの木馬が見つかったんだそうで。
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/11/01/17379.html

    これまでもトロイの木馬は見つかったことはありますが、今回のように
    Webサイトに仕込まれたり、DNS設定を変えるなどの悪意のあるものは
    OSXになってからは、あまりなかったのではないかと。

    動画の再生に「ビデオコーデックのインストールが必要」と言ってくる
    らしいので、それを実行しなければ感染の可能性はありませんが、
    Macの場合、Windows固有のコーデックとかもあるので、ついつい
    インストールしたくなってしまいがちかもしれません。

    感染すると情報の漏洩や他ユーザーへの感染を手助けする恐れも
    ありますから、気をつけてくださいませ。

    なお、以前も書きましたが、Mac用のフリーのウィルス対策ソフト
    としては「ClamXav」が有名です。

    あくまでフリーですので、ウィルスへの対応の早さなど、完璧とは
    言いかねる面もあるかと思いますが、何も対策しないよりは断然
    良いかと思います。

    あと、インストールしていても「ウィルス定義ファイル」を更新して
    なかったりすると意味がないので、その点もご注意を。(^^;

    製品だと「ウイルスバリアX4」がオススメかと。
    早々とLeopardにアップデータで正式対応していますし。

    B000MR9IVI ウイルスバリアX4 デュアルプロテクション
    インテゴジャパン 2007-02-08

    by G-Tools

    Nortonは最近、Mac対応の腰が重いですし、OSのバージョンが
    上がる度に不具合が出たりしがちなので、あまりオススメでは
    ありません。

    今後はiPhoneやiPod touchなど、OSXにからむハードも増えますし、
    ますますウィルスの危険は高まるかもしれません。
    そうでなくても、TIFFライブラリの欠陥を利用したHackなどは
    すでにiPhoneやiPod touchのクラックに応用されているわけですしね。(^^;

    ともかく、危なそうなものは、むやみにクリックしないのに限りますね。
    あと、Leopardの「Time Machine」も有効活用すると、感染時の復旧に
    役立つかもしれませんね。

    Filed under: Mac
    2007/11/01 9:58 pm | Macにもウィルスの脅威が… はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.