• 239月

    Logicoolのマウス・キーボードドライバ「Logicool Control Center」が
    Snow Leopardに正式対応したようで、3.1.0にバージョンアップ
    しています。

    少し前のバージョンだと、かなり裏技的なテクニックを使わないと
    インストールできなかったし、Exposeなどを割り当ててもうまく
    動かないことがあったりと、Snow Leopardでは非常に使いづらく
    なっていました。

    早速インストールしてみると、そうした問題は全て解決しているようです。
    さらに、システム環境設定も32bitモードに切り替える必要がなくなって
    使い勝手も向上しています。

    Smart Shiftの切り替えがうまくいかないのは我が家のマウスの
    ハードウェア的な故障みたいですが、まだしばらくはMX Revolutionを
    愛用し続けたいと思います。

    B000I0S6Y4 ロジクール MX レボリューション MX-R
    ロジクール 2006-09-15

    by G-Tools

    Filed under: Mac
    2009/09/23 9:51 pm | Logicool Control CenterがSnow Leopard対応 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.