• 249月

    iTunesが9.0.1にバージョンアップしています。
    不具合修正が中心みたいで、ハングなどが治ってるとのこと。
    うちの環境では特に大きな問題はなかったですけれど。

    あと、ミニプレーヤーへの切り替えも復活したんだとか。
    私はあんまり使うことはないんですが、なくなると不便ですよね。

    これだけだと、あまり大したネタではないので、WMAをMacで扱う
    手段でも書いておこうかな。

    再生だけなら、QuickLookでも出来ちゃうんですが、iTunesに
    ドラッグ&ドロップしても受け付けてくれません。
    自動でMP3やAACに変換してくれれば便利なんですけどねぇ。

    ということで、いつものようにフリーソフトに頼ってみます。
    その名も「Switch」というソフトで、Free Versionを使います。

    MP3はもちろんのこと、Oggやflacなど、Macでは扱いづらい
    フォーマットにも変換できるので、重宝しそうです。

    音質は再エンコードすれば、それなりに低下するのは仕方ないですが、
    wavやaiffもサポートされてるので、これらにコンバートして、元の
    wmaは消しちゃうのが良いかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2009/09/24 5:38 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • pon Says:

    Flip4Macを入れてQuickTime7で開いて
    別名で保存(独立形式)した.movを
    iTunesにドラッグアンドドロップして変換、
    というやり方が楽なのでいつもそうしてます。

  • MacBS Says:

    ponさん、コメントありがとうございます。

    Flip4Macは私も導入してあります。
    movで一旦保存するというのは考えつきませんでした。

    Windows版のiTunesだと、また違うのかもしれませんが、
    MacではWMAやWMPの扱いはちょっと面倒ですね。