• 2311月

    先日のエントリーで、ATOK17とどちらを導入しようか迷っていた
    EGBRIDGE15」ですが、みなさんの貴重なご意見から判断して導入することに。

    EGBRIDGE 15


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    「スマート・インライン変換」で動作が重くなるのでは?と心配してましたが、実際は
    そんな印象は全くありませんでした。
    その代わり、その活躍の様子もあまり実感は今のところないですけどね。(^^;

    あと、私はいつもキーカスタマイズを最初にやるんですが、カスタマイズ画面で編集して
    保存しても、それだけでは変更されないんですね。
    保存したキー定義に切り替える必要があるようで。前バージョンもそうだったかなぁ?
    できれば、ここは保存時に「今すぐに切り替えますか?」みたいに聞いてほしいなぁ。

    電子辞書は、文字列を反転選択して、辞書画面にドラッグして持っていくんですが、
    たまにドラッグにならないことが。
    まぁ、手入力するなり、コピー&ペーストを使えば良いんですけどね。
    それに、この現象はEGBRIDGEのせいじゃなく、OS側の問題なんですが…。(^^;

    とはいえ、欠点を無理矢理挙げてもこの程度でして、この軽快な感じはやっぱり
    EGBRIDGEにして良かったなぁと思えますね~。

    あと、まだ試してませんが、既存文書から必要な単語を自動的に収集して
    ユーザ辞書に登録してくれる「辞書トレーナー」という機能もあるみたいです。
    Web上の文書も対象にできるみたいなので、自分のブログなんかを学習させると、
    快適になるかもしれません。

    Filed under: Mac
    2004/11/23 9:38 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Pafuxu Says:

    > 電子辞書は、文字列を反転選択して、辞書画面にドラッグして持っていく

    電子辞書パレットのことですよね。
    それだったら、文字列を選択した状態で「F1」とすれば表示されますよ。
    ちなみに、電子辞書ビューワだと「F4」です。どちらも変換中でも使えます。

  • MacBS Says:

    Pafuxuさん、コメントありがとうございます。

    ファンクションキーに対応してたんですね~。
    ありがとうございます。
    マニュアルとかヘルプ、見ないもので、すみません。(^^;

    でも、ドラッグも慣れればなかなか便利です。
    いちいち辞書引きに、goo!に行ったりしなくて済むんですからね。
    語彙もかなり充実してますし。

    これから徐々に使い込んでいきたいと思います。