• 201月

    先日、MacBook Airが発表された時に、ジョブズが封筒からMacBook
    Airを取り出してみせましたよね?
    あの時に使ってた封筒を「マニラ封筒」と呼ぶそうで。

    元々、耐久性のあるマニラ麻で作られていたから、そう呼ばれてた
    みたいで、「Manila Envelope」という英語で呼ばれることのほうが
    多いのかも。

    私の親戚が封筒メーカーに勤めているんですけど、その影響もあって
    実家には、このマニラ封筒もいっぱいありました。
    私がオーディオのカタログをメーカー別に整理して保存するのに
    いっぱい使ってましたね。
    あの1万枚近いオーディオ・カタログ、まだ実家に眠ってるのかなぁ?(^^;

    ただ、「マニラ封筒」で調べても、売ってるのが見つかりません。
    で、調べてみると日本では「保存袋」という、そっけない名前で
    呼ばれてるみたいです。


    再生紙100%クラフトパッカー 角2サイズ 10枚入

    たぶんMacBook Airは、この角2のサイズに入るはずなので、これを
    ケースにして、ジョブズ気取りするのも良いかも。
    ただ、これでは傷も付きますし、衝撃からも守れませんけどね。(^^;

    で、早速、同じ形状でフェルト製のケースも出てきてるようです。
    (「胃袋」さんより)

    B0012SNCJU ハンドメイドフェルトケース MacBook Air用 オレンジ
    buzz-house design

    by G-Tools

    できたら、アップル株式会社の社名入りの「保存袋」を特注して
    配ったら面白いかも。
    Apple Storeで配ったら、欲しがる人がいっぱいいるでしょうね。(笑)

    Filed under: Mac
    2008/01/20 6:03 pm | マニラ封筒 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.