• 183月

    先日ゲットしたローライの銀塩コンパクト「Rollei 35」ですが、やはりレンズのカビが気になるので、手持ちのRollei 35Tとレンズを取り替えてみることにしました。
    まず、レンズの取り外し方法ですが、これはWebで調べてネジ3本で外れることがわかりました。

    ただ、シャッター幕や絞りとの連動部分もありますので、念のために35Tのほうから外してみて検証してみたところ、シャッター幕は爪で、絞りは切り欠きのある軸で接続されてるのがわかり、わりと簡単に取り外しできることがわかりました。

    また、ヘリコイドは前玉回転式なので、こちらもほぼ問題なしですし、両方のレンズを取り外しちゃいました。

    違って見えますが、それはレンズユニットと本体の間に挟んであるスペーサーを右側のは外してあるだけで、全くと言って良いくらい同じものですね。
    さらに分解してカビを除去することも考えましたが、どうも分解痕がある感じで、カビそのものというよりもカビ跡っぽかったので、交換することにした次第です。

    というわけで、見た目は全然変わりませんが、レンズユニットを交換して完成です。
    念のため、スクリーンとルーペでピント確認もしましたが、問題なさそうです。
    ローライ35のジャンクはなかなか出会えるものでもありませんが、レンズの清掃にも多少役立つかと思い、エントリしてみました。
    ただし、本体を破損する危険性も伴いますから、あくまでも自己責任で気をつけて実施してくださいね。
    あんまりやる方はいないと思いますが。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2011/03/18 9:00 am | Rollei 35、レンズ交換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.