• 074月

    パワーリンゴさんがオリンパスの銀塩ハーフ一眼レフ「PEN F」をゲットされていたので、私もたまには触ってあげないとなぁと棚から引っ張り出して来ました。

    ホコリもかぶってかわいそうな状態だったので、まずは掃除から。
    心配だったシャッターの調子はそれほど悪くなく、以前から調子がイマイチだった38mm F1.8の絞りがやや粘り気味なのと、本体側もシャッターを切ってから絞込み完了までのタイムラグがある程度でした。
    このくらいなら特に分解整備するほどではなさそうですね。

    せっかくなので後継モデルのPEN FTのほうもいっしょに整備しておきました。
    露出計に入ったままの電池もまだまだ元気に動いている辺りが銀塩マニュアルカメラらしいですね。
    ファインダーも本来ならハーフミラーを使ってある分暗いはずのFTのほうが状態は良いくらいです。

    とりあえずは以前撮った写真でお茶を濁すとして、せっかくだからフィルムでも詰めて…といきたいところですが、まだ撮り終えてないカメラも何台かある状態ですし…。
    まずはそちらを早めに撮ってしまって、こちらも最近稼働させていないフィルムスキャナの動作確認もしておいたほうが良いかも。
    他のカメラたちもちょっとずつ触って動作確認をしてあげなくちゃかわいそうですねぇ。

    Filed under: FilmPhoto
    2013/04/07 9:00 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    ここ2年ぐらいの間に、フィルムカメラが増えたので手に取れるところにおいてあります。デジタル一眼とフィルムを2台持ちで出かけています。ペンfもそばにありますが、手にとってませんね。おいらも清掃してあげようかな。

  • トビ Says:

    どうも、トビフシコです。

    うひゃっ、とても奇麗ですねー。奇麗なPENはいいですねぇ(涙声)。
    ハーフなので36枚撮りなんて詰めたら、私の場合間違いなくカレンダーフィルムになってしまいます。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    昔は私もデジタルとフィルムの2台、場合によっては3台くらい持って歩いてましたが、最近はもうその元気がありません。
    せめて空シャッターくらいは順に切ってあげないといけませんね。

  • MacBS Says:

    トビさん、コメントありがとうございます。

    キレイに見えるのは撮影ブースとレフ板の影響です。
    あと、使い古しのマスクで拭いてあげたのはナイショです。
    金属カメラは磨いてあげれば、ちゃんとキレイになりますよ。

    ハーフの動作確認には12枚撮りを良く使ってました。
    ただ、最近ではそもそも見かけなくなりましたねぇ。
    あと、途中で普通のカメラに詰め替えるという、DPE泣かせのこともやってました。