• 174月

    ミノルタの一眼レフ「X-1」の現像が仕上がってきました。

    実画像サイズ 640 x 462 ( 43 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    元々、AE不調ということでゲットしてきたわけですが、フィルム2本目
    あたりからは、なんとか安定して動作していました。

    実画像サイズ 422 x 640 ( 67 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    とはいえ、やはり不安を持ちながらの撮影でしたし、露出の精度も
    あまり高いとはいえないようです。

    ってことで、おそらくファインダー着脱部か、絞り連動部の接点不良
    だろうと、絞り部分を分解したのが失敗でした。(^^;
    他のミノルタ機とは違って、ここは糸で制御されてるんです。

    で、うまく組み上げることができず、AEファインダーは、ただの
    ファインダーになってしまいました。(;_;)
    まぁ、単体露出計で撮れば使えるので、ぎりぎりセーフですが。

    実画像サイズ 640 x 420 ( 40 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    いつも修理はうまくいくとは限らない、ってことなんですよね。
    特にレンズにしろ、カメラにしろ、絞り連動部分あたりは繊細な
    構造になってることが多いので、注意しないとなぁと反省しました。

    いつかファインダーだけ見つけて、完全な状態に戻してあげたい
    ところですが、これがなかなか置いてないんですよねぇ。
    まぁ、地道に探してみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/04/17 7:40 pm | MINOLTA X-1、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.