• 134月

    今回現像に出したカメラは、どれも問題ないはず、と思っていたの
    ですが、やっぱりそこはジャンク道。
    一台、右半分が真っ黒な写真を多発したカメラがありました。
    Canonの一眼レフ「AV-1」です。

    この症状は以前から何度か目にしてきました。
    そう、後幕が先幕に比べて速度が速いんですよね。

    ってことで、今回は先幕を少し速くしてあげることにしました。
    裏蓋は3本のネジで簡単に外れます。
    特に外した際に部品が落ちてくる、なんてこともなく、ここまでは
    簡単です。

    で、開けてみると、こんな感じになってます。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 46 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    そこで、写真の「先幕」のほうのギアを反時計回りに数クリックほど
    回してあげると、目視で見る限りOKになったっぽいです。

    AV-1の場合、絞り優先AEのみでマニュアルスピードがないので、
    ちょっと気付きづらいし、テストもしづらいんですよねぇ。

    おそらく同一機種では同じになってるとは思いますし、間違えては
    いないと思いますが、あくまでも素人の勝手な思いこみでの修理
    ですので、実施する際は自己責任でお願いします。

    調整したのでテストしたいところですが、まだまだ撮り終えてない
    カメラがたくさんあるんですよねぇ。(^^;
    それが一段落したら、また試してみたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/04/13 10:12 pm | Canon AV-1の幕速調整 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.