• 216月

    先日、超七Galleryさんにカラースコパーの35mmをお借りしたのですが、
    画角がなかなか良い感じで、俄然、35mmを使ってみたくなりました。

    これまでは50mmが気持ちにフィットする感があったのですが、
    最近は少し窮屈に感じることもあるんですよね。
    かといって28mmだと広すぎるので、35mmはちょうど良いのかも。

    年齢で焦点距離が長くなる、というのは聞いたことがありますが、私の場合は
    ちょっと逆行してることになりますね。
    ただ、このあたりは被写体も関係してくるわけで、大分に戻ってきたのも
    関係しているのかもしれません。

    そんな中、先日紹介したライカM8の本に、ちょうど35mmレンズの特集が。

    APS-HとかAPS-Cになると、35mmが50mm相当くらいになります。
    ですから、なおさら35mmのほうが重宝するかもしれませんね。

    色々と実写例がありましたが、個人的に気に入ったのは数あるライカの
    銘レンズを差し置いて、HEXANONとBiogonでした。


    【送料無料!】《中古良上品》Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM (ブラック)

    ヘキサノンはやさしいボケが、Carl Zeissは発色が良いですね。
    ヘキサノンなら、一体型のHEXARも良いかもなぁ。
    でも、Mマウントのボディもないですから、だいぶ安くなってきたHEXAR RFも
    捨てがたいところです。


    【送料無料!】《中古並品》Konica HEXAR RF

    とはいえ、コスト的にはLマウントのオールドレンズが、私にはお似合いかも。
    とりあえず、お借りしたカラースコパーを堪能させていただこうと思います。

    Filed under: FilmPhoto
    2009/06/21 6:35 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • もへ Says:

    HEXANONもBiogonも、どちらかというと現代的な描写のレンズですね。HEXANON Lは、ヘキサーに付いていたものより、Lマウント化のせいで寄れない+逆光に弱くなってしまったので、発売当時ちょっとがっかりした覚えがあります。ヘキサーRF用に発売されたものはどうだったんでしょうね。

    あそこに出てきたレンズでは、唯一ズミクロンの7枚玉を持っていまして、これは買ってから10何年経っております。色々と機材が入れ替わった中で、何故だか手放せず手元に残っています。これで撮ったフィルムを同時プリントに出した時、写真屋さんに、「えらいピントのいいレンズだねぇ」と言われたレンズでもあります。

  • MacBS Says:

    もへさん、コメントありがとうございます。

    自分でも意識せず、性能重視しちゃったようですね。(^^;
    まぁ、雑誌の作例だけでは判断できないとは思います。
    ただ、HEXANONは新旧問わず、いつも選んじゃうので好みなのでしょう。

    ズミクロンは50mmの印象が強いのですが、35mmはどうなのでしょう?
    ライカのレンズはピントが合ったところは、とことんシャープで
    それでいて前後のボケは柔らかい印象があります。

    それが、レンジファインダーに合う描写なのかもしれませんね。

  • もへ Says:

    あの特集で見ると、新しいレンズの方がボケが素直な感じがしますね。実際ヘキサノンはそんな感じでした。

    ズミクロンの50mmも35mmも、描写の傾向は大差ないと思います。なんだか撮った写真に妙に立体感がある感じで。

    私の場合初めてM型ライカを買った(M4でした。トップカバーに露出計の擦り傷が付いていたんで、結構安かった)時、お店の人のお勧めのレンズのズミクロン35mmをついでに買わされたんで、それに慣らされたのかもしれません(^^;

  • MacBS Says:

    もへさん、コメントありがとうございます。

    広角になるほど、設計が新しいものが有利になるのかもしれませんね。
    ただ、ライカのレンズは写真としての仕上がりが違う印象なんですよね。
    特性だけでは語れないものを持っている気がします。

    まぁ、偉そうなことを言っても、私が使ったことがあるのは
    ズミタール、ズマール、エルマーの50mm、
    それとRズミクロンの50mmだけですけれど。

    M6を使っていたときに35mmを体験しておけば良かったなぁと
    今さらながら思います。
    いつかはM2と思っていますが、いつになることやら…。