• 126月

    少し前にゲットしたRollei 35ですが、試し撮りをしていたら、フィルムを
    半分ほど撮ったところで、巻き上げレバーが空回りするようになって
    しまいました。

    諦めてフィルムを途中で巻き戻した後、軍艦部を開けてみたら、
    巻き上げレバーの力を伝えているプラスティック製のギアが欠けていました。

    かなり力が加わる部分だし、レバー直下のギアは金属なので、力負け
    したんですねぇ。
    ギアを修復しようと、ハンダごてを使って歯を作ってみたりしましたが、
    やはり強度が不足して、すぐに欠けてしまいます。

    調べてみると、ドイツ製のものは、ここが金属でできているみたいです。
    やはり、シンガポール製はコストダウンされているんですねぇ。

    その後、同様の症状が起きた方はいらっしゃらないかと調べてみると、
    「プラリペア」というもので歯車を修復された方がいらっしゃるようです。


    PL16B プラリペア ブラック

    これも強度面の心配はありますが、試してみる価値はあるかもしれません。
    ほんとは、部品だけ調達できればベストなのですが、メーカーでの修理は
    すでに終了しています。
    修理やさんなどでは部品を確保してあるかもしれないから、聞いてみるべきかなぁ。

    ただ、コスト面の問題もあるし、それなら、SL35のレンズでもゲットしたほうが
    良いかなぁと思ってしまいます。


    【送料無料!】《中古良品》Rollei Sonnar 85mm F2.8 (SL35用)

    とはいえ、貴重なカメラ資源でもありますし、できれば修理したいと思って
    いますが、さて、どうなりますやら…。

    Filed under: FilmPhoto
    2009/06/12 7:42 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    プラリペアは「アクリル粉末+ピリジンを含んだ溶剤」で成り立っているもので、アクリル粉末を少しとり、そこに溶剤を加えてから、それを塗ると、1時間位するとほぼ固まるものです。

    この接着剤、PDA「ヒューレット・パッカード:HP200LX」の持病である「ヒンジ切断」(上蓋部のヒンジが破断されてしまいます)の修理によく使われるもので、私も2台、これを使って修理し、現在でも使える状態になっています。と言うことで、プラスチックだと、結構、よく接着し、また、結構、丈夫なものです。ただし、歯車のように接着面が小さなものはわかりませんが。なお、乾いてからは、ナイフ等で削ることができますので、整形は可能です。また、ピリジン系の溶剤ですので、部屋がかなり臭くなります。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    プラリペアで修理されている情報は結構拝見しました。
    歯車も力がさほどかからなければ問題ないかと。
    整形もできるのは良い感じですね。

    この修理にかかわらず便利そうなので、ひとつ持っておこうかと思います。