• 107月

    VueScanを導入したこともあって、以前もネガフィルムを再スキャンしてみましたが、今度はリバーサルフィルムを再スキャンしてみました。

    CONTAX RTSで撮ったVelvia 100Fですが、以前のもの(下)と比べると明らかに発色が違います。

    スキャンのハードウェアも以前はフラットベッドスキャナで、今回はフィルムスキャナですが、それ以上にソフトウェアの違いも大きい印象です。
    特にリバーサルだと、以前は発色がどうしてもスライドビューアで見るような鮮やかな感じが出なかったんですよね。
    今回の感じなら、かなりそのあたりの不満は減った感じです。

    あとはミノルタのフィルムスキャナの性能面が課題といったところです。
    ゴミ除去がからっきしダメですし、左右が切れてしまうのも難点なんですよねぇ。
    新製品は期待できそうもないですし、中古を狙っておくべきかもしれませんね。

    (7/11 14:32追記)
    いつも記載があいまいなナニワさんの中古ですが、問い合わせたところ、下のは「COOLSCAN IV ED」だそうです。
    かなり安いですが、状態などを問い合わせてから注文したほうが良いかもです。

     【中古】 Nikon クールスキャン ランク:B 「心斎橋店在庫」

    Filed under: FilmPhoto
    2010/07/10 11:29 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。

    Velviaらしい発色と言うか、良く出ていますね。劇的な違いだな〜。
    あきらめてViewScan買うかな〜。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    Carl ZeissとVelviaの組み合わせらしさが以前は全く出なかったんですよね。
    全部スキャンしなおしたいくらいです。

    VueScanはかなりオススメですが、レタッチはPhotoshopなど別のソフトが必要だと思います。
    一旦16bitTiffで保存しておいてPhotoshopとDfineでレタッチしています。

    ゴミ除去はネガの方が白く光るので除去しやすいですね。
    上の写真でも黒いゴミが結構残っています。(^^;

  • SKY ONE Says:

    これちょっと欲しくありません?
    HPではもう売り切れてましたけど

    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100710/etc_cuplens.html

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    Twitterで流れてたのでリツイートしたやつですね。
    以前もライターとか、ありましたね。

    ジャンクのレンズで自作しちゃうというのもアリかもしれませんね。