• 1912月

    Amazonを見ていたら、「ツァイス・イコン物語」という本が
    出ているようで。

    4769814550 ツァイス・イコン物語―世界最大のカメラ・コンツェルンの軌跡
    光人社 2009-12

    by G-Tools

    Carl Zeissがレンズブランドとして今でも有名ですが、そのカール・ツァイス
    財団が創設したカメラブランドが、このツァイス・イコンです。
    昔はライカ以上の高級ブランドだったようです。

    うちにも中判蛇腹のイコンタがありますが、有名なのはコンタックス
    でしょうね。
    といっても、京セラの一眼レフでより広く知られた印象ですが。


    【送料無料!】《中古良品》ZeissIkon CONTAX IIa

    私もこのIIaが欲しいのだけど、とりあえずはKievを持ってるんですけどね。
    ドイツの東西分裂の影響を受けたのも、消えたブランドの理由かな。

    今はコシナで蘇ってますけど、コンタックスも復活しないかなぁ。
    名前だけの復活になるのは確実だから、意味があるのかは難しい
    ところなんですけどね。

    こういう少し専門的な内容だと、まだまだWebだけでは足りない部分も
    ありますし、本で出版されるのは良いなぁと思います。

    Filed under: Book, FilmPhoto
    2009/12/19 2:52 pm | ツァイス・イコン物語 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.