• 204月

    少し前にゲットはしたものの、ちょっと難有りだったセコニックの
    単体露出計「マルチルミ」が、使えるようになりました。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 48 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1100 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    電池を入れると針はしっかり振れるのですが、それだけでは
    ライトバリュー(?)を示すだけで、肝心のシャッタースピードと絞りの
    指定ができません。

    しかし、そこはセコニック。古い機種からずっと取説をPDFで公開
    してくれているので、それを頼りにマジックで目安を書き込めば
    完璧です。

    あともうひとつ、問題があって、それは電池です。
    今はないMR9という電池を使うのですが、これと同じ形状のLR9を
    使うと、露出の誤差が生じかねません。

    ということで、関東カメラサービスの電池アダプタを使うことに
    しました。
    これなら、精度も安心ですからね。


    関東カメラサービス MR9アダプター(H-D Adapter)

    で、使ってみると、ボタンを押して測光、離すとその時点の測光値で
    針がロックされるので、とっても便利。
    さらに、カバーを切り替えるだけで反射光式と入射光式を簡単に
    切り替えられます。

    なんだかんだで露出計もセコニックが3台、ミノルタが1台になって
    しまいました。
    でも、それぞれ使い勝手やサイズが違うので、使い分けができて
    便利ではあります。

    今のところ、露出計のないカメラは撮影の順番待ちにはあまり
    ありませんが、また古いカメラでもゲットしたら使ってあげたいと
    思います。

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/04/20 9:07 pm | セコニック マルチルミ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.