• 111月

    このところブログがやや停滞気味な理由のひとつにもなっている愛犬ジョブの闘病の様子を少し書いておこうかと。

    急変したのは11/25で、急に立てなくなってお漏らししてしまう状態になりました。
    実際にはそれ以前にも何度か似たような状態には陥っていて、耳の炎症かもしれないけれども、脳に障害が出ている可能性も否定できないとは言われていました。
    それまではステロイドと抗生物質を投与して休養していたらある程度回復していたのですが、今回ばかりはかなり症状が重いようです。
    正直、この発作当日はもう夕方の通院(病院が11:30〜15:30までお昼休み)まで保たないかなぁと思ったくらいでした。

    その後も症状はあまり変わらず、今も一人で立つことはできないままです。
    最初は針のない注射器で水やミルクを飲んでいましたが、それで脱水症状を起こしていましたし、体重もいちばん重い時で17kgくらいあったのが11.5kgくらいまで減ったほどです。
    ただ、抗てんかん薬を飲みだしてからは多少改善して、庭まで抱えていけばトイレは支えてあげればほぼ立ってできますし、水やごはんも器から飲んだり食べたりできるくらいにはなっています。
    体重もそのおかげで12.3kgくらいまでは戻ってきつつあります。

    ただ発作は相変わらずでして、あれだけ吠えることもなかった愛犬ですけども、1日のうち8時間くらいはずっと叫び続けています。
    それでも抗てんかん薬で半分くらいに減ったんですけど…。
    意思疎通もなかなか難しいので、何度も庭まで抱えていったり、おトイレに気づけなかったりしていますが、なんとか頑張ってくれています。

    今年の5/1には16歳ですから、大型犬に近いわりには長寿ではあると思います。
    元々、股関節形成不全で後ろ脚を手術していますから、歳を取ったら歩けなくなるだろうなぁと思っていましたけど、脳に症状が出るとはあまり考えていませんでした。
    それでも父ちゃん母ちゃんが近くにいると安心するようですし、可能な限りは付き添ってあげて少しでも楽しい時間を過ごせてあげられたらなぁと思います。
    そんなこんなでブログはまだ不定期更新が続くかと思いますが、お許しいただければ幸いです。

    Filed under: Dog
    2020/01/11 12:00 pm | 愛犬ジョブ闘病記 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.