• 278月

    少し前に取扱説明書のPDFが流出したといわれていた、SONYのフルサイズ
    デジタル一眼レフ「DSLR-A850」が、どうやら正式発表になったようです。
    http://presscentre.sony.eu/Content/Detail.asp?ReleaseID=397

    といっても、まだ海外だけですが、2000ドルという破格のスタートに
    なるみたいです。

    かなり挑戦的な価格設定ですが、廉価な雰囲気は全くなく、非常に良質な
    α900をしっかり受け継いでいる気がします。

    CMOSは2460万画素で、ちょっと多すぎるくらいかも。
    α900との主な違いはファインダで、視野率が98%になってるんだとか。
    といっても、「そこまでしか調整を追い込みませんよ」といった感じ
    なのではないかと予想されます。

    Carl Zeissのレンズ群も更新され、フルサイズを支えるようです。
    まぁ、レンズが売れてこそのビジネスモデルなのかもしれませんね。

    それにしても、国内での価格がどうなるのか、気になるところです。
    α900も20万円台前半になってるし、10万円台になるのかな?

    α900 DSLR-A900 ボディ 送料無料

    私はフルサイズ至上主義ではないのですが、それでもα900に近い
    カメラ性能を、この価格帯で楽しめるとなれば、かなり気になるところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/08/27 11:47 pm | SONY α850 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.