• 137月

    FUJIFILMのコンパクト「FinePix Z300」が店頭に並んでいたので、
    結構じっくり触ってきました。


    ★15時迄の代引注文は即日発送★フジフイルム FinePix Z300 ピンクゴールド 【送料無料】 【即…

    うちでも紗羅がFinePix Z3を使っていて、スライド式に電源が入れられる
    機種は好きなのです。
    今回は背面が全てタッチパネル液晶になっていて、興味津々でした。

    実際に操作してみると、これまでの「勘」では操作しづらい部分が多々ありました。
    タッチパネルにするにあたって、ボタン数が減ってますから、慣れが
    必要みたいです。

    ボタンは基本的に、上部にあるシャッターと(HOME)ボタン、そして、
    ズームレバーしかないですから、ほぼ全ての動作をタッチパネルで
    おこなうことになります。

    極端な話、シャッターすら、タッチパネルで中心となる被写体をクリックする
    操作でもできちゃうわけで、かなり先進的かと。

    ただ、正直、アイコンの意味がわかりづらい場面が結構ありました。

    アイコンを選択する前の状態では、文字がほとんど出ていないので、
    アイコンで判断するしか亡く、出ているアイコンがなにをするためものなのか、
    分かりづらいこともあって、わかりづらかったのだと思われます。

    文字を表示する必要もあるでしょうし、アイコンのデザインも、もう一工夫
    必要なのかもしれません。

    また、これはiPhoneの影響を私が受けているせいもあるのでしょうが、
    メニュー操作時、タッチパネルでドラッグしたくなることが結構ありました。
    実際、再生や編集などではドラッグできる箇所もあるので、そのあたりの
    不統一さも、やや目立った感があります。

    このほかにも、顔検出で顔が複数見つかった時に、タッチパネルで
    選択できず、自動選択になってしまうところとか、なぜかズームだけは
    上部のレバーで操作する点など、タッチパネルの活かし方がまだちょっと
    中途半端かも。

    このあたりを見ていると、そろそろデジカメにもOSが必要なのかなぁと
    感じます。

    そうすれば操作の統一もやりやすいですし、バージョンアップによって
    機能アップしたり、サードパーティからのソフトをインストールすることなども
    可能になるのではないでしょうか。

    ちょっとタッチパネル絡みで厳しいレビューになりましたが、これはこれで
    慣れてしまえば、極端に悪い箇所があるわけではありません。
    タッチの感触、反応は非常に良いですし、今後のファームウェアの
    アップデートで成長する可能性もあるかもしれません。

    カメラ自体の性能としては、順当な成長をしていると思います。
    ただ、ズーム倍率が高いこともあって、仕方ない側面もあるのでしょうが、
    広角端の開放F値が暗いのは、やや改善の余地ありかも。

    とはいえ、スタート価格も比較的お手頃なようですし、再生時の操作性は
    やはりタッチパネルならでは、に仕上がってると思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/07/13 9:51 pm | FinePix Z300、触ってきました はコメントを受け付けていません

Comments are closed.