• 147月

    以前、「GR DIGITAL、IIIが出るなら?」というエントリーをしましたが、
    あれからだいぶ経って、いよいよ後継機も間近な雰囲気になってきました。

    そんな中、レンズ交換式、さらにいうと、CCDごと交換する形式になるのでは?
    という噂が流れています。

    E-P1も出ましたし、なんらかの変化があるのではないかなぁという気はしますが、
    CCD交換は意外と大変かもしれません。

    というのも、CCDからの出力は基本的にアナログ信号なんですよね。
    しかも、取得できる信号は非常に微小で、ノイズに弱いものです。

    ですから、そこを切り離せるようにした場合、AD変換も含めてモジュール化
    する必要があるはずです。
    要するに、RAWが取り出せるレベルまでの部分を「交換」できるような
    形態になると予想されるわけですね。

    こうなると、もはやレンズ交換というより、モジュール交換といったほうが良いかも。
    さらにいえば、カメラとしての重要な要素の大部分が交換できてしまい、
    本体の部分は、ただの箱、あるいはドックみたいな感じになっちゃうかも。

    ただ、中判カメラあたりではマガジン交換になってるものもありますし、
    コンパクトでも「合体メカ」みたいな発想は面白いかもしれませんね。

    光学機器という捉え方に縛られるから、ボディ・レンズ・CCD(フィルム)という
    概念になってしまうのであって、入力、記録、表示という風に分割されても
    良いですものね。

    まぁ、そこまでやってしまうと、GRを名乗るべきものなのか?という気も
    しますし、リコーの技術者の皆さんは写真を愛する方が多いように感じて
    いますので、どのような形で出てくるのか、楽しみではあります。

    それにしても、GR DIGITALはまだまだ人気だなぁと感じます。
    一時は少し値下がり傾向でしたが、最近はまた安定した価格を維持しています。


    【送料無料!】《新品》RICOH(リコー) GR DIGITAL II 【下取交換20%アップ対象】〔納期未定・…

    次期モデルもぜひこういう、息の長い製品になって欲しいですね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/07/14 7:03 pm | CCD交換可能にするには はコメントを受け付けていません

Comments are closed.