• 151月

    富士フイルムが顔検出のデモを兼ねたWebアプリサイト「顔ラボ」を
    オープンしていたので、早速試してみました。

    現状は「顔シークレット」というアプリだけが使えます。
    これは顔を検出して、目隠しをしたり、モザイクをかけたりできる
    Webアプリです。

    画像は自分で好きな画像をアップロードできるので、まずは無理を
    承知で、ジョブの写真をアップロードして試しました。
    結果は、やっぱり無理。

    私も多少は顔検出をかじった身なので、良く判るんですが、
    人間にとっては犬も猫も人間も、どれも同じ「顔」なんですけど、
    顔検出のアルゴリズムからいくと、全然違うものなんですよねぇ。

    とりわけ、犬は面長なものや毛が多いものなど、品種でも違いが
    大きく、検出はまだまだ難しい課題が残る対象です。

    で、いじわるはこの辺にして、私の写真で試すと、それはもうしっかりと
    認識されました。
    速度も十分速いですし、基本的には「FinePix F50fd」などに搭載されてる
    ものと同じアルゴリズムなんでしょうね。

    B000UBLRGK FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピクス) F50fd シルバー 1200万画素 光学3倍ズーム FX-F50FD
    富士フイルム 2007-08-31

    by G-Tools

    顔検出には平均顔との類似性を相関などで求めるものもありますが、
    FUJIFILMのアルゴリズムは周波数領域での検知や肌色検出なども
    加味して、横顔などの検出効率やスピードを上げているような気が
    します。

    各社、顔検出機能のあるデジカメは出ていますが、スピードと精度で
    いくと、やっぱりまだFUJIFILMが一歩リードしている感があります。

    お子さんなどを撮られる場合には結構役立つ機能ですから、単なる
    機能比較だけでなく、ぜひ実機で精度やスピードも体感されてから
    選択されるのをオススメします。

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/01/15 9:43 pm | 顔ラボ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.