• 129月

    本屋さんで「焼酎ぐるぐる」という、楽しげな本を発見。

    焼酎ぐるぐる
    大田垣 晴子

    発売日 2003/03
    売り上げランキング 23,585

    Amazonで詳しく見る4847014642

    大田垣晴子さんが、九州の焼酎蔵元二十八蔵と
    名湯を訪ねては、温泉とアルコールで頭も身体も
    ぐるぐる旅のイラストエッセイ集です。

    回った場所は、壱岐、大分、熊本、宮崎、鹿児島、
    そして奄美といった感じのようです。

    私は、あまりお酒の量は飲まないんですが、
    種類としては、結構色々飲み比べしていたり…。

    九州の焼酎の中だと、印象に残ってるのは、
    「百年の孤独」と「耶馬美人」でしょうか。

    「百年の孤独」は、焼酎というよりブランデーのような
    味わいでして、好みが分かれるかもしれませんが、
    焼酎ということにこだわらずとも、おいしいお酒ですね~。

    「耶馬美人」のほうは、父にプレゼントしたものを
    ちょっと分けて飲ませてもらったんですが、
    こちらは正統派で、クセの少ない飲みやすいお味。

    ちなみに、どちらも「幻の焼酎」などと呼ばれて高値で
    売られたり、抽選販売されたりしてますが、
    正規特約店で購入すると、ごく普通の焼酎並みの
    お値段で買えたりします。

    「耶馬美人」については、醸造元に正規特約店が
    ありますので、お近くのお酒屋さんを探してみられると
    よろしいかと。
    http://www.hpmix.com/home/toyodaken/yababijin/R2.htm

    Filed under: Book
    2004/09/12 3:02 pm | 焼酎ぐるぐる はコメントを受け付けていません

Comments are closed.