• 0211月

    本屋さんで「トイカメラ使い方レシピ」という本を見つけました。

    4309269184 トイカメラ使い方レシピ
    今井 英展
    河出書房新社 2006-10-19

    by G-Tools

    この本、カメラ雑誌とかの編集ではなく、トイカメラ好きのWebサイトから
    生まれた本というのが、ちょっと新しい感じです。

    中もHOLGAやLOMO LC-A、SMENA 8MにSX-70といった代表的な
    トイカメラを取り上げて、その作例や使い方を解説してくれています。

    特にブローニーフィルムを使うHOLGAは、35mmフィルムを扱い慣れた
    身には、ちょっととっつきにくいですからね。
    そこら辺が細かく説明してあったのは、好感が持てました。

    個人的には、あまりトイカメラ系のカメラには手を出してませんねぇ。
    ひとつには「トイ」という名前のわりに、お値段が意外に高いせいもありますね。
    私としては、安くてこそ「トイ」を名乗れるんじゃないかなぁという思いこみが
    あるみたいです。

    もしゲットするとすれば、レンズの質が高いと評判の「SMENA 8M」でしょうか。
    以前も欲しいなぁと思ってみたことがあったんですが、なかなかお店に
    置いてないし、お値段も高めなんですよねぇ。

    まぁ、それはともかく、デジカメのありきたりの描写に飽きてきた方には
    魅力的な描写がいっぱいかと思いますので、良かったら眺めてみてくださいませ。

    関連エントリー:

    Filed under: Book
    2006/11/02 11:06 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    トイカメラですか。私は一時期、HOLGAが欲しくなって、実物やその写真集等を見たのですが、結局、その写りが私の趣味ではなかったことと、トイカメラと言う割りに値段が高いことから、買いませんでした。中国と日本の物価水準を考えれば、現地で買えば、HOLGAなんて日本の価格の1割程度ではないかと思うのですが、日本に入れば、輸入業者も店も儲けなければならないので、今の価格は仕方がないとは思ってます。

    と言うことで、針穴写真機の方に興味が行ったのですが、35mmフィルム使用だとボケが強すぎて、飽きてしまいました。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    HOLGAに関しては、確かに高いですね。
    オークションなどでも、立派な一眼レフ並みのお値段だったりしますし。
    現地価格はわかりませんが、少なくとも日本の相場の半額以下なのは
    間違いないでしょうね。

    ピンホールカメラは、意外とデジタル一眼レフと相性が良いらしいですね。
    ボディキャップを使って試せますし、なにせ撮ってすぐに
    出来上がりが確認できますからね。

    私も試してみようと思いつつ、ボディキャップがもったいなくて
    まだ試してない、貧乏性なのでした。(笑)