• 083月

    田中長徳さんの新著「カメラに訊け!」が、そろそろ店頭に並んで
    いるようで。


    カメラに訊け!

    まだ書店では見つけられていないのですが、内容的にはデジカメと
    フィルムカメラの使い分けについて書かれた、最近のシリーズの
    完結編とのこと。

    晴れたらライカ、雨ならデジカメ 晴れたらライカ、雨ならデジカメ
    田中 長徳

    by G-Tools

    カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。 (アスキー新書 51) (アスキー新書) カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。 (アスキー新書 51) (アスキー新書)
    田中 長徳

    by G-Tools

    最近は銀塩カメラが一部のプレミアものをのぞけば、かなしいくらいの
    格安ですが、フィルム好きなら、良い時代ともいえるわけですよね。

    問題は現状の相場では、お店の利益が確保できない点ですよねぇ。
    商売にならなければ、市場から消えてしまいますからね。
    まぁ、オークションあたりでは生き残るのでしょうが…。

    とはいえ、オーディオでもCDが出た当時はアナログレコードは、
    すっかり消え去るかと思われましたが、今でも専門誌が残っている
    くらいですから、また盛り返す時期が来るかも。

    あとはフィルムメーカーが見捨てずに製造を続けてくれることを
    祈るのみです。
    オーディオと違って、カメラは過去の資産では意味がありませんから。

    そうした意味でも、こうした本が少しでもフィルムカメラの世界へ
    振り返るきっかけになってくれれば、と思います。

    Filed under: Book
    2009/03/08 7:57 pm | カメラに訊け! はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.