• 2210月

    図書館で、Linuxの生みの親「リーナス トーバルズ」の本
    「それがぼくには楽しかったから」があったので、借りてきてみました。

    それがぼくには楽しかったから
    リーナス トーバルズ, デビッド ダイヤモンド, 風見 潤

    おすすめ平均
    リーナスのことを知りたければ必読
    偉大なるオタクの人生の意味論
    ~楽しさを行動の基準に置くことは、これからの人類がとるべき指

    Amazonで詳しく見る4796880011

    正直、リーナスには特別良いイメージを持っていたわけでもなかったんですが、
    この本を読んでみると、共感する部分も結構多かったです。

    タイトル通り、Linuxは「娯楽」として作ったんですね。とにかく「作りたかったから」
    という理由なんです。

    これはフリーソフトの作者さんには通じるところがあるんじゃないかと思います。
    私の場合も、「自分が使うために」というのもありますが、大袈裟に言えば、
    「知的好奇心を満たすため」みたいなところもあるんじゃないかと。

    私は仕事でもソフトウェアを作ってるわけですが、プライベートで作るソフトは
    仕事とはまた違う「モノ」なんですよね。

    Linuxには良い面も悪いところもあるかと思いますが、そういった細かいことを
    超えた魅力みたいなものは、彼の人柄に寄るものも多いのかも、と感じました。

    Filed under: Book
    2004/10/22 11:24 pm | それがぼくには楽しかったから はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.