• 109月

    村田製作所から、球形ユニットを搭載した
    トールボーイスピーカー「ES301」が発売されるそうで。
    受注生産で、お値段は「クロウルシ仕上げ」が499800円、
    「ワインレッドピアノ仕上げ」が531300円だそうです。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040910/murata.htm

    ツィーターが80mm径のセラミック球形ユニットで、
    ウーファは100mm径の平面ユニットを3機搭載した、
    2ウェイ4スピーカーシステムとのこと。

    また、ウーファ部には「渦流抑制ドライブ方式」というものが
    採用されているそうです。

    これは通常、振動板の端で渦巻きのような空気の流れが生じるのを
    回避する手法で、中央の1基をメインウーファにして、
    その上下のウーファの音波を押し出す速度を変えることで、
    メインウーファの渦流を打ち消すんだとか。

    でも、その上下のウーファで生じた渦巻きは、どうするんでしょうね??
    もう少し詳しい技術資料を見てみないと、何とも言えませんが、
    以前、PIONEERから出ていた平面同軸スピーカー
    「S-F1 Custom」のユニットに似たような構造にするか、
    もう少し多くのユニットを使う必要があるような気もしますです。

    また、「音波を押し出す速度を変える」のを、
    パッシブネットワークあたりで実現してるとしたら、
    時間軸再生の上で、別の問題を抱えることになりますし…。

    とはいえ、背面に渦流ドライブと通常ドライブを切り替えるスイッチが
    付いてるそうなので、それで効果は確認できるようです。

    ちなみに、このスピーカーに関連して、特許が59件も
    出願されているんだそうです。
    元気のないオーディオ界にあって、「やる気」を感じさせるスピーカーでは
    ありますね。

    Filed under: Audio
    2004/09/10 10:28 pm | 球形ユニット搭載スピーカー はコメントを受け付けていません

Comments are closed.