• 196月

    アナログ系のオーディオ雑誌「analog」の最新刊、vol.36が発売になったようで。

    これまでも他のオーディオ雑誌とはちょっと違った視点の一冊でしたが、今号から誌面リニューアルされたとのこと。
    パッと目次に目を通した感じではそれほど内容に変化はない気もしますが、「より見やすく、じっくりと味わっていただける誌面づくり」をしてるんだそうです。

    まず気になるのは綴じ込み付録の「LUXMAN復刻カタログ集」でしょう。
    「’60~’70の銘機」だそうで、収録モデルはSQ-38FD、CL35、MQ60、MQ36、SQ505X、SQ707、WL500の7製品とのこと。
    私が使っていた5L15はラボラトリーリファレンスシリーズなので、analog誌のテイストとはちょっと違うんでしょうね。

    そういえば、当時は中高生だったこともあり、簡単に機材は買えませんから、カタログをいっぱい集めていました。
    数千枚くらい集めましたけど、もう廃棄しちゃいましたねぇ。
    ある意味、毎号、カタログを紹介してくれるだけでも読みたいかも。

    この他にもアナログプレーヤーや真空管アンプなど、この本ならではのコンテンツがいっぱいです。
    以前からのコンテンツ、クラシックカメラの記事もあって、今回はペンタックスだそうですし、近いうちにまずは書店でチェックしてこようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/06/19 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    先日本屋で立ち読み
    表紙見てアナログプレーヤー専門誌だと思ったら
    カメラ出てきた
    連載してるんですね
    FBでもハヤタカメラが紹介してましたし

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    随分前から早田さん絡みの記事が載っています。
    ドイツのマイナーなものとかが中心でマニアック過ぎるくらいですが、今回はペンタックスのようですね。