• 118月

    実家の取引先の方から、父がプリメインアンプのおすすめを聞かれたようで、
    電話で相談がありました。

    先方、以前はかなり凝ってた(?)ようで、JBLの4343やレコードもOrtofonの
    かなり高価なMCカートリッジなどをお使いのようです。

    お店で相談したら、ROTELを薦められたそうですが、まぁ悪くはないものの、
    ちょっとマイナー過ぎる感じがありますよねぇ。

    父は一応、信頼性も高いAccuphaseの「E-213」を薦めたようです。

    ACCUPHASEインテグレーテッド・ステレオアンプE-213
    ACCUPHASEインテグレーテッド・ステレオアンプE-213

    他人に薦める場合、音の善し悪しもさることながら、故障率のことなども
    考慮しないと、あとで「あの人の薦めで買って失敗した」って言われても
    困りますからねぇ。

    ただ、標準ではPHONO入力はないので、オプションボードでの対応が
    必要なのと、値引きが期待できないのが欠点かな。

    標準でPHONO対応で、かつ、信頼性も高いというと、LUXMANの
    L-505f」あたりかと。

    LUXMAN プリメインアンプ L-505f 【税込】
    LUXMAN プリメインアンプ L-505f 【税込】

    値引きも少しは期待できますが、どうもROTELを薦められたお店で
    「LUXは作られた音だ」とか、吹き込まれたようで、あまり良い印象を
    持ってないようです。(^^;

    確かに音楽性重視の傾向は多少ありますけど、良い意味で作り込まれた音
    なんですから、全然問題ないと思いますけどねぇ。
    まぁ、好みの問題もありますけれど。

    冒険してみるなら、海外アンプも結構お手頃なものもあります。
    私が気になってるのは、ARCAMのFMJ A32

    ARCAM FMJA32 プリメインアンプ
    ARCAM FMJA32 プリメインアンプ

    PHONO対応でもありますし、国産では聴けない魅力があると思います。
    JBLとの相性が、やや気になるところではあります。

    もうひとつ、Audio Analogueの「PRIMO SETTANTA」も面白そう。
    こちらもオプションでPHONO対応可ですし、性能のわりにお手頃です。

    Audio Analogue PRIMO SETTANTA
    Audio Analogue PRIMO SETTANTA

    ただし、このあたりになると、外車に乗るのと同じで、それなりにメンテナンスの
    覚悟が必要かもしれません。

    万人に勧められるのは、やっぱりAccuphaseってことになってしまいます。
    Accuphaseの信頼性は驚くほど高いですし、修理対応もピカイチに良い
    ですからね。
    私のE-405も、89年の発売で、もう15年くらい使ってますけど、ノートラブル
    です。

    Filed under: Audio
    2005/08/11 12:30 am | 中級プリメインアンプおすすめ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.