• 2711月

    数学の部屋」というWebサイトで、こんな面白いクイズを見つけたので、ご紹介。
    なお、問題は分かりやすいように、少しだけ変更してあります。

    地球は赤道の半径が6,378,136mの完全な球であるとします。
    今、赤道の周りに、赤道の長さよりも10mだけ長いひもを張るとします。
    地球の表面とひもとのすき間の距離は、どれくらいになるでしょう?

    「計算が面倒くさい!」という方は、下の三択で答えてもらっても良いですよ~。

    1. 針すら通らないくらい。
    2. ハムスターが通れるくらい。
    3. ミニモニが通れるくらい。(笑)

    さて、どれでしょう?もちろん、計算してもらってもかまいませんよ~。

    答えは、続きをどうぞ。

    ではでは、早速、答えを。

    まずは、三択の答えから。
    (枠中に白文字で答えが書いてあります。)

    正解は「3. ミニモニが通れるくらい。」でした。

    どうでした?当ってました?
    では、計算方法を次に示しておきますね。
    (枠中に白文字で答えが書いてあります。)


    まず、わかりやすいように地球の半径をr、ひもの半径をRとします。

    そうすると地球の周囲は2πrですよね。
    同様に、ひもの周囲は2πRです。

    ひもと地球の周囲の差が10mですから、
    2πR-2πr = 2π(R-r) = 10 … (1)
    となります。

    地球の表面とひものすき間は「R-r」ですから、(1)の式から
    R-r = 10 / 2π … (2)
    となります。

    (2)の実際の値を計算すると、
    5 / 3.14 ≒ 1.6(m)
    という計算結果になるわけです。

    どうです?ちょっと意外だったでしょ?
    感覚的なイメージとはだいぶ違う結果ではないかと思います。

    Filed under: 雑学
    2004/11/27 9:52 pm | 1 Comment

One Response

WP_Lime_Slice
  • いば Says:

    はじめまして、「いば」と申します。
    サーチエンジンから飛んで参りました。

    非常におもしろい問題ですね!
    たった10mの違いなので、ほとんど地表すれすれだと
    思ったのですが、意外でした。

    私も同じような「計算」をブログに掲載しています。
    私の場合は、「夕日を見続けるにはどうすればよいか」
    という命題に対する計算でした。結局、ジェット戦闘機で西に飛び続けなくてはならないという結果となりましたが、本当にそうなのか検証していません(笑