• 201月

    mixiのコミュニティで知ったのですが、故郷の大分市にある
    レコード店(あえてそう呼びます)、「リズムレコード」が3/4で閉店に
    なるのだそうで。

    去年も「エトウ南海堂」(あえてこの名前で呼びます)が閉店になった
    ばかりだというのに、そこまでCDショップは苦しいのですねぇ。

    確かに私自身もiTSで買ったりすることもたまにありますし、近所の
    ショップになければ、Amazonで注文しちゃいます。
    でも、それ以外なら、なるべく近所で買うようにしていますけれど…。

    大分の場合、自動車社会ですから、郊外のショップに客を取られた
    というのもあるのかもしれませんね。
    街の中心部は空洞化が進んでるのかも。最近、帰っても行ってない
    からなぁ。

    「リズムレコード」は今日から30~80%引きで、閉店セールだそうです。
    このセールだけ盛り上がっても、むなしいですよねぇ。

    ネット販売も良いですけど、ご近所に頑張っているCDショップさんが
    あるのでしたら、ぜひ大切にしてあげてください。
    CDショップさんも、特化した品揃えとか、一押しのアーティストさんを
    発掘したり、と頑張ってほしいです。

    関連エントリー:

    Filed under: ニュース
    2007/01/20 5:34 pm | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • rUi Says:

    こんばんは、Macbsさん。
    「閉店」って本当に寂しいものがありますね。
    CDショップではありませんが、
    私の住んでいるところの本屋さんが
    2店(市内で)から1店になってしまいました。
    2店しかないというのも寂しいですが、
    たった1店に…。
    Amazonとか隣町へ行ったりして買ったりしては
    いましたが、なるべく寄って買っていました。
    「すぐ買って、すぐ読める」のは、近くの店でしか
    できないものです。
    それが出来なくなるのって悲しいですね。

    CDショップも危ないんだったぁ。
    中古ショップがあるからでしょうか?

  • redpill Says:

     こんにちは。
     うへ。まじですか~!
     ちょくちょくとあの店の近くも通るんですが、そんなことだとは~。
     
     私も、最近ずっとあそこでは買ってないです。そういえば。
     iTSやら、Amazonなども利用するし、店舗買いするときも、どーしても、輸入版の揃ってる TOWER RECORDSやら、HMVやらに行ってしまいます。

     昔はよく行っていただけに、なんかほんと哀しい感じです。
     仕方ないっちゃ、仕方ないんですけど。

     店が無くなったあとは、パチンコ屋になったりして。
     リズムの隣のビルも昔は、商業ビルだったのに、今はすっかりパチンコ屋です。。大分の商店街、哀しすぎ。

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    私が今住んでいる所に引っ越ししてから、15年以上経っていますが、近所に小さなレコード店がありました。しかしながら、今から2年ほど前に閉店しました。と言っても、私は1度も入ったことはありませんでしたが。

    さて、私の場合は、従来より、国内CDは秋葉原の石丸電気、輸入CDは石丸電気のほか、タワーレコード、HMV中の最も安い所で、そして、DVDは従来は石丸電気でしたが、最近はヨドバシカメラの方が安いので(石丸電気:ポイント10%、ヨドバシカメラ:現金10%引+ポイント約9%)、ヨドバシカメラでの購入です。後は、以上の店で入手できない米国DVDを米国amazonよりと言う状態です。

    それにしても、CD等ではなく、電子ファイルのみの購入の人がドンドン増えていく状況からみると、後10年も経てば、CDやDVD等の円盤はマニアのみのものになるかもしれませんね。

  • MacBS Says:

    rUiさん、コメントありがとうございます。

    紳士服店や靴やさんみたいに「改装のため閉店」
    なんていうのとは違って、ほんとの閉店は悲しいものが
    ありますよね。

    Amazonも良いですが、自分の嗜好と関係なく、
    オススメのものを見たり、ジャケットを眺めたりする
    楽しみもやっぱり捨てがたいモノがありますよね。

    CDの場合は、やはりiTSとかケータイでの音楽配信
    なども効いているんでしょう。
    その前に、レコード会社の安易な楽曲作りにも原因が
    あるように思いますけれどね。

  • MacBS Says:

    redpillさん、コメントありがとうございます。

    iTSやAmazonは、やっぱり便利ですから、ついつい
    利用してしまいますよね。

    TOWER RECORDSもあまり経営が良いわけではない
    ようですから、CDショップ全体が低迷してるのかも
    しれません。

    リズムニュースとか、まさに手作りな情報誌も
    刷ってあったりして、なかなか頑張ってましたけどね。

    店がなくなったら、やっぱりゲームセンターとか
    そういう系統になるのかなぁ。
    あとはケータイショップとかになるかもしれませんねぇ。

    大分の商店街も空洞化がどんどん進んでいるようですね。
    私にとっては、トキハデパートくらいしか、めぼしいものが
    ないかも。(^^;

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    都心のほうがそういう意味では競争が激しくて、
    既に淘汰が進んでいるかもしれません。
    ただ、ちゃんと特化できてるお店はまだ頑張れてる
    わけで、そういう意味では創意工夫で生き残るしか
    ないのでしょうね。

    CDも価格維持とかいいながら、色々値引きがされて
    いるわけで、そのあたりも弱小店舗には痛手なのでしょう。

    iTSを初めとする電子配信は気軽ではありますが、
    私くらいの世代だと、やはり円盤がないと実感が湧かない
    ところがあります。
    とはいえ、10年も経てば、常識が変わってしまっている
    かもしれませんね。