• 128月

    銀座に行く時間があったので、まずは三越のスヌーピー展に行ってみました。
    ただ、予想通り(?)の人出で、品も普通のスヌーピーショップで買えるものも多いですから、ちょっと違うものを紗羅にと、調べておいたお店「北欧の匠」さんに行ってきました。

    なにぶん初めての訪問だったので、なんとなくという感じでどんな品があるのかなぁと伺ったんですが、さすがに名前通り、北欧の匠の品がいっぱいです。
    他のお店だとファッション的な部分が強調されたりしがちですが、北欧に根ざしたしっかりした製品がたくさんあって、これはかなりお気に入りになりそうです。

    お店の方もとても丁寧にククサのことを説明してくださって、白樺のコブから作ることは知ってましたが、そのコブが思ってたより大きいとか、いろいろお話しさせてもらいました。
    ほんとはククサを買ってこようと思いましたが、今回は小さめのにして、スプーンとトナカイの角のキーホルダーにしてみました。

    スプーンはククサと材質は同じようですし、長年使える品ですね。
    トナカイのキーホルダーはお守りのようなものみたいで、いろんな象形文字みたいな絵が入ってたんですが、なんとなく気に入ったものを。

    だいぶ調べてみたんですが、どういう意味なのか、わからないんですよねぇ。
    発売元のサイトまでは見つけたので、一応質問メールを出してみました。
    といってもフィンランド語ですから、機械翻訳で通じたかどうか…。

    そんなこんなで、かなりお気に入りになったので、また出張の時に立ち寄ってみたいと思っています。
    今回は1階のみでしたが、上の階には絵画などもあるそうなので、今度はそちらもゆっくり拝見したいと思います。

    Filed under: その他
    2011/08/12 12:00 pm | 北欧の匠 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.