• 174月

    先日、どこかのサイトさんで、「コインドライバー」という製品を見つけました。

    B0025U0CJW ベータ:コインドライバー 1201DZ
    ベータ

    by G-Tools

    これ、一見、マイナスドライバーみたいに見えますが、先が少し幅広で、
    名前の通り、コインで回すような箇所を開けるためのドライバなんですね。

    カメラの電池蓋とか、いつも開けるのに苦労するので、これは一本持っておくと
    便利かも。

    ちなみに、こういう蓋をコインで開ける時は10円玉を使うのは避けたほうが
    良いです。
    10円玉は固すぎるので、蓋のネジ目が傷ついちゃうことが多いんですよね。

    一番安心なのは1円玉だと思います。
    ドライバ代わりに、工具入れに1円玉を入れておくのも良いかもしれないんですが、
    すぐ見失っちゃうんですよねぇ。(^^;

    Filed under: その他
    2009/04/17 10:16 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    どもども。
    手持ちカメラの台数が多い人には持ってこいですね。
    十円玉は手に臭いがつくので、なるべく使わないようにしています。

    最近では先丸ラジオペンチやスナップリングプレイヤーを
    購入しました。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    カメラの中には、かなり固着気味のものもありますから、
    そういうときにも重宝しそうです。

    工具は良いものを持っていた方が、効率も良いですし、
    なにより機材を傷めないですみますものね。

    スナップリングプライヤーは、私も予備のものを持っています。
    カニ目代わりにもなりますからね。