• 207月

    SEIKOの自動巻腕時計、emblemシリーズの「2409-0030」を見つけたのでゲットしてみました。

    th_DSC03137_LR6

    実は少し前に見つけていたのですが、一度見送っていたんですよね。
    再訪してみると値引きセールをやっていたので、それならば、とゲットしてみた次第です。
    1970年代のクォーツ初期にわずかの期間製造されたらしく、さらに同じemblemでも自動巻きとクォーツの両方があるんだそうです。
    その後も同名は置き時計に使われたりもしていますね。

    th_DSC03129_LR6

    中身は23jewelsの28800振動と、かなり力が入っています。
    動作の状態もなかなか良くて、タイムグラファーで-20秒前後、平置き実測で-17秒/dayくらいです。

    th_DSC03163_LR6

    安かった理由はそもそも年代的に新しいハイビートは人気薄というのもあるでしょうけど、裏蓋に良く分からない塗装(?)みたいなものが塗られていたせいもありそうです。
    だいぶ剥がしましたが、文字の中にはまだ色が残ってますねぇ。

    th_DSC03153_LR6

    ベルトも汎用のものに交換できない仕様ですが、長さは十分ありましたし、当然ながら純正ベルトです。

    th_DSC03156_LR6

    最後の決め手はSEIKO 5とは違って、手巻きが可能というところでした。
    自動巻きだけだと、ワインダーを使わないとなにしろ数がたくさんあるもので、すぐ止まってしまって、使わなくなっちゃうんですよね。
    手巻きで動かし続けるのも4〜5本が限界ですが、しばらくその中に入ってもらおうと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2016/07/20 12:00 pm | SEIKO emblem 2409-0030 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.