• 094月

    シチズンのソーラー腕時計「CRYSTRON SOLAR CELL」を見つけたのでゲットしてみました。

    CITIZEN CRYSTRON SOLAR CELL

    最近の腕時計購入縛りの電波、ソーラー、機械式、オールドクォーツのうち、2つを満たしているのでゲットしてみました。
    オールドの中でもこれは世界初のアナログ式太陽光発電腕時計で、1976年の発売です。
    まるで人工衛星のような単結晶シリコンの太陽電池が使ってあります。

    CITIZEN CRYSTRON SOLAR CELL

    その昔、「子供の科学」を定期購読していた頃だったと思いますが、広告で太陽電池が売っていて、欲しいなぁと思っていたのを思い出しました。
    ただ、実はこのソーラーだけでは駆動にはやや不十分だったようで、内部には普通の電池(SR44SW)が入っているそうです。
    #裏蓋が開かないので、確認してません。

    CITIZEN CRYSTRON SOLAR CELL

    それでも通常なら2年の電池寿命が5年動くそうで、それくらいの補助を太陽電池がやってくれるみたいですね。
    そもそも今でも当時の性能が出てるのかどうかすら分かりませんが、ともかく腕時計としてはクォーツとして十分な性能を今でも発揮しています。

    CITIZEN CRYSTRON SOLAR CELL

    キャリバーは8629というもので、クォーツとしては7 jewelsと石の数が多めなのは省電力を図るためでしょうか。
    ちなみに2008年には見た目が良く似た復刻モデルもオルタナとして出てたようですが、やっぱりそこはオリジナルですよね。

    CITIZEN CRYSTRON SOLAR CELL

    惜しいのはベルトがオリジナルではないところでしょうか。
    一応、手持ちでいちばん幅広に見えるベルトにしましたが、純正のだとベゼルに合っていて、そこだけはちょっとだけ惜しいポイントではあります。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2016/04/09 12:00 pm | CITIZEN CRYSTRON SOLAR CELL はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.