• 306月

    久しぶりに銀塩カメラ、それもコンパクトをゲットしてみました。
    コニカの「Kanpai」というモデルです。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 76 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSLR-A700
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / -0.3
    露出時間/絞り 1/25 秒 / F 2.8
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    カメラ通の方はご存じかもしれませんが、なんと世界初の、音声で
    シャッタが切れる「ボイスレリーズ」機能が付いています。

    ちゃんと短い拍手とかではダメで、ある程度大きな音が持続しないと
    シャッターが切れません。
    もちろんかけ声は「カンパーイ」じゃなくても大丈夫ですけどね。

    ファミコン世代の方は「ハドソーン」と叫んでも良いのではないかと。(笑)


    ≪中古FCソフト≫バンゲリングベイ【ソフト単品】

    私のゲットしたストーンタイプは30000円だったそうです。
    1.1mの固定焦点なんですが、ボイスレリーズモードの時は
    ちょっと遠くなって1.8mになるんだそうで、微妙に凝ってますね。

    あと、T-SCOPEみたいにウエストレベルのファインダーも付いてます。
    妙に凝っていて、カメラ本体はごく基本的という、なんかバランスが
    良いような悪いようなカメラです。

    実際の集合写真で、うまく撮れるかどうかは別として、ネタには
    なりそうですよね。

    今のデジカメはマイク内蔵のものも多いですから、ファームウェアで
    すぐに実現できるんじゃないかな?
    まぁ、そんな変わったカメラを出すメーカーが、今はないかもしれません
    けれど。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2008/06/30 10:07 pm | Konica Kanpai はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.