• 145月

    コニカのコンパクトカメラでもレア度の高い「C35FD」がお安く
    置いてあったので、「これは今ゲットせねば!」とゲットしてきました。

    実画像サイズ 640 x 434 ( 69 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX *ist DS
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/20 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    全 Exif 情報表示…


    とりあえず、シャッターや露出計、AEなどは問題ない様子。
    お店の人は「ファインダーが汚れてるから」とおっしゃってましたが、
    それは分解清掃ですぐにきれいになりました。

    でも、まだ不具合は残ってました!
    フィルム蓋を開けようとすると、たまにノブが上まで上がりきって
    しまって、降りなくなってしまうことがあるのでした。
    いやぁ、これは購入時には気付きませんでした。

    こうなってしまうと、軍艦部を開けないと、フィルム蓋が開けられません。
    それでは困るので、ノブが押し上げる止め爪の部品を少し曲げて
    確実にノブで持ち上がるにようにして修理完了です。

    あとはモルトを貼り替えたくらいですから、意外と難易度は低かった
    ですね。
    定評のあるレンズなので、写りが楽しみです。
    早速、明日からでもフィルムを詰めて、持ち歩いてみたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2007/05/14 9:22 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    このカメラ、かの赤瀬川氏が雑誌だったかで褒めたことで、急激に値上がりし、一時期、3万円台だったと思います。しかしながら、さすがに昨今は少し下がってきましたね。私も一時期欲しかったカメラですが、未だにジャンクで見掛けたことがありません。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ミノルタのHi-Matic7sIIと、うり二つとも言われてますね。
    レンズだけ違って、ボディはOEMだったんでしょうね。

    レンズ性能が高いことで人気なのでしょうが、
    入手性からするとキヤノネットのQL17のほうが
    手軽かもしれません。

    最近はお値段はそれほどでもないですが、
    相変わらず珍しいカメラであることには変わりはないようです。

  • shigechan Says:

    どもども、懐かしい機種ですね。私が自分の意志で購入した始めてのカメラ
    です。
    レンズシャッターは全てマニュアルで、絞りを電気制御していましたよね。
    ファインダーの中でおおよその絞り値を確認出来るので、シャッター半押しで
    マニュアル撮影的な使い方をしていました。

    レンズの固定が甘くなって少しガタが出たので手放しましたが、手許にある
    内は大活躍した機種です。Nikon S2よりも間違いなく軽いでしょうから、お散歩
    用のサブ機としてお勧めできるのではないかと・・・。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    おお、初のカメラがFDとは、さすが通ですね。
    私が自分の意志で買った最初の機種はEOS-1でした。

    絞りを電気制御、といっても露出計の針をがぶっと
    噛んでいるだけですけどね。(笑)
    シャッター半押しでのAEロックは確かに便利でした。

    レンズのガタは、今の機種もかなりあります。
    でもまぁ、写りにはあまり影響がなさそうなので、
    気にしないことにしてます。

    S2よりは軽くてお手軽ですが、μIIとかニコンミニあたりに
    慣れると、意外にずっしりきます。(^^;
    まぁ、2台もかばんに入れてるからいけないんですけどね。(笑)