• 105月

    Mac OS X Lionが更新されて、ソフトウェアアップデート経由で10.7.4が配信されています。

    今回の修正項目は以下のとおりで、不具合修正のみですね。

    ・”再ログイン時にウインドウを再度開く”設定が常に有効になっている問題を解決します
    ・特定の他社製 USB キーボード(英国)との互換性を改善します
    ・ファイルがサーバに保存されないことがある問題を解決します
    ・ファイルを SMB サーバにコピーするときの信頼性を改善します

    少し前に判明していたFileVaultのパスワードが平文でログに出てしまう問題も修正されているそうです。
    おそらくログもクリアしてくれるとは思いますが、それも確認したほうが良いかも。
    ログの削除は手動でも可能ですが、OnyXなどのツールを使ったほうが良いかもしれません。

    なお、サイズはMacBook Airで確認したところ、369.5MBほどでした。
    不具合修正のみにしては結構大きいですねぇ。
    以前はマイナーアップデートでもちょっとした機能追加などがあり、更新が楽しみだったものですが、最近は単純なセキュリティ対策が多くて、少しさびしいです。
    まぁ、OSX自体、かなり成熟したものになってきつつある、と言えるのかもしれませんが、Lionはややイマイチな部分も多いですけどねぇ。

    そろそろMountain Lionの姿も見えてきてほしいところですが、今年の夏ということ以外はまだ情報がありません。
    現行販売品も今だとOSがLionで、無償アップグレードではないですしねぇ。
    OSのお値段自体は安いものですが、同時期にニューモデルが出る危険性もあるので、この時期はMac購入のタイミングが難しいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2012/05/10 7:00 pm | Mac OS X 10.7.4 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.