• 073月

    光回線になったので、せっかくだから少しでも速度改善になったらと、カテゴリー6とカテゴリー6AのLANケーブルを購入してみました。

    LANケーブルを購入

    購入したのはカテゴリー6がELECOMの「LD-GPY/BK2」、カテゴリー6AがELECOMの「LD-GPA/BU2」で、どちらも2mのものです。
    これまではカテゴリー5eしか持ってなかったというのは以前も書いたとおりで、これでも1000BASE-Tには一応問題ないんですけど、長さもちょっと長過ぎたり短かったりしたので、ちょうど良い長さにするだけでも買い換える意味があるかなと。

    ここでまずは変更前の速度を再測定してみます。
    なお、いずれも3回測定して、中央値を採用しています。

    推定転送速度: 209.43Mbps (26.18MB/sec)

    LANケーブルを購入

    そしてまずはMac miniとAirMacの間をカテゴリー6のケーブルに交換です。
    以前使ってたものより、柔らかくて取り回しやすいですし、何より価格がかなり下がってるので、それだけでも結構オススメです。

    LANケーブルを購入

    そして測定結果は以下のとおりです。

    推定転送速度: 226.43Mbps (28.30MB/sec)

    なんだか心持ち、速くなったかもしれませんね。
    体感は全く変わりませんけど。
    なお、測定値のバラつきも少なくなっていて、安定性も高まったように思います。

    LANケーブルを購入

    それならば本命を!と、AirMacのONUの間をカテゴリー6Aにしてみます。
    こちらは以前からのLANケーブルと見た目も変わらず、結果から言うとコストパフォーマンスは前者のほうかな、という気がします。

    LANケーブルを購入

    そして測定結果は以下のとおりです。

    推定転送速度: 239.13Mbps (29.89MB/sec)

    一応、微妙に変わっていますが、これくらいだと誤差レベルかな。
    試しに別のサイトでもチェックしてみましたが、そちらでは260.86Mb/sという値でした。
    最初からスピードの大幅アップは期待していなかったので、多少でも上がったなら良かったです。
    知らないと、気づかずに古いカテゴリー5(5eでない)のケーブルを使ってたりする可能性もありますし、古いものは断線とかもありがちですから、たまにはLANケーブルを見なおしてみるのは良いかもしれません。

    ちなみに今回の光工事でやってきたONUにはLANケーブルは付属しませんでした。
    ルータはあるのが前提なんでしょうし、そもそもWi-Fiが主流なのかもしれませんけど、ケーブルくらい付けておいてくれても良いのにな、とは思いました。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2016/03/07 12:00 pm | LANケーブルをカテゴリー6に交換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.