• 1512月

    Mac用の音楽再生ソフト「audirvana」というのを見つけたので、早速試してみました。

    正直、見た目は昔よくあったVBで作ったようなシンプルなものです。
    謳い文句も「No equalizer, no trendy special effects, just the music」となっている通り、純粋に音楽を楽しむことに重きを置いているようで、音質の良さも評判みたいです。

    CoreAudioを直接叩くような仕掛けで、アップサンプリングできたり、バッファを最大限に使うなどの工夫がされていますし、iTunesが対応していないFLACの再生も可能です。
    実際、アップサンプリングを試してみると、高音が心持ち華やかになって、iTunesよりは明らかに音が良い印象ですね。

    以前紹介したiTunes_afplayとも聴き比べてみましたが、それぞれに良さがあって甲乙付けがたい感じです。
    また、CDプレーヤーとの比較でも「あれ?MP3のほうが良い?」と一瞬勘違いしてしまいそうな場面も。
    もちろん、じっくり聴くと定位感や音のブレでCDが勝ちなんですが、そこまでMP3を救ってくれるのは良い点かも。

    ただ、操作性の面ではとても使いやすいとは言えないのが…。
    プレイリストが一応あるわけですが保存されませんし、シャッフルもなく、iTunes_afplayのほうが使いやすいくらいです。
    また、CPU負荷も大きい傾向があるので、音にこだわりたい方向けです。
    とはいえ、特にコスト的な投資なしで音質改善効果が得られるというのはうれしいですし、音楽が好きなMacユーザーさんにはぜひ試してみてもらいたいソフトです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/12/15 5:00 pm | audirvana はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.