• 296月

    ソニッククリーン ファイン」という音波洗浄器を格安で見つけたので、お試し気分で入手してみました。

    ソニッククリーン ファイン

    目的はもちろん腕時計のクリーニングでして、そのための時計ホルダーもちゃんと付いています。
    ちなみに防水の腕時計でも振動を伴う洗浄器では浸水の危険があるので、時計本体は水に浸けないことをおすすめします。

    ソニッククリーン ファイン

    これが安い理由は「超音波」ではなく、あくまでも「音波」というところにあるのかと。
    どうもモーターに偏心させた重りを付けて回してるだけのようで、動作音も結構なものですし、Amazonレビューなどを見ると汚れがあんまり落ちないという評判です。

    ソニッククリーン ファイン

    ただ私が使ってみた感じでは、思ってたよりは意外と良く汚れが落ちるように思います。
    説明書では、水の中に中性洗剤を入れるように書かれていますが、私は界面活性剤(ドライウエル)を入れてみました。
    時計ホルダーもありますが、これだと本体近辺は洗浄できないので、ベルトは基本的に外して洗浄しました。

    まずはいちばん汚れてそうなミラネーゼのベルトを。
    下が洗浄前の状態です。

    ソニッククリーン ファイン 清掃前

    ちょっと動作音がうるさいですが、これを5分ほど洗浄すると、水に汚れが出てきます。
    で、下が洗浄後の状態です。

    ソニッククリーン ファイン 清掃後

    大して変わらないように見えますが、水の汚れは結構なものです。
    (ちょっと汚いので、写真をのせるのはやめました。)

    普通の金属ベルトでも効果はありますが、圧倒的に効果があったのはミラネーゼですね。
    あと、構造がちょっと複雑なGUCCIのベルトもコマの動きがスムーズになりました。

    他にもメガネやシェーバーの刃にも使えるようですし、意外と良い買い物でした。
    ただ、メッキをしているものや傷の入ったプラスチックレンズなどは避けたほうが良いらしいです。(超音波のものも同様)
    個人的には大きさからして、レコードを洗うのは無理なのが残念ですけど、さすがにそれは無理ですよねぇ。

    ソニッククリーン ファイン

    普通に買うなら、ちゃんとした(?)超音波の、TOSHIBA TKS-210あたりがオススメですが、今回のもお値段さえ安くなってれば電池駆動できる手軽さもありますし、そこそこ捨てたもんじゃないと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Electronics
    2016/06/29 12:00 pm | ソニッククリーン ファイン はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.