• 216月

    オーディオビジュアル製品を選考する「VGP 2017 SUMMER」の結果が発表されています。

    正直、この手の賞は主催してる出版社や参加してるメーカーのさじ加減で変わる印象が強く、あまり信用してないのですが業界としてどんな製品が注目されているか、の参考くらいにはなるかと思い、紹介してみることにしました。
    選考対象は以下の製品で、基本的に取扱いメーカーの自薦ですけど、審査方法が全国有力販売店による投票、審査員投票でノミネート製品が決まるので、販売店という部分ではわりと公平なのかなと思います。

    1. 日本国内で販売・流通する、コンシューマー向けオーディオ&ビジュアル、 オーディオ、アクセサリー各製品及び関連ソフト/アプリケーション。
    2. 各メーカー及び輸入商社が自薦する製品。
    3. 2017年6月20日までに広報発表/一般公開がされる「新製品」、もしくは2017年7月末日時点においても市場で流通している「現行製品」。
    4. 2017年7月末日時点において市場で流通している現行製品。

    「合議」とか「審査」の部分があるので、ちょっとそこが不透明ですが、率直に言って以前よりだいぶ公正な評価になってるような印象はあります。

    で総合金賞はズラリと揃ったPanasonicの4K製品、そしてJVCのDLA-Z1とのこと。
    これは製品の良さもさることながら、販売店さんの売上貢献への期待の高さでもあるのでしょうね。
    個人的には4Kの本放送、ましてや地上波をどうするのか?その後の8Kは?など疑問が残るのですけど…。
    その他、特別賞、技術賞、開発賞、企画賞は私が気になったものはないので割愛します。(ぉ

    部門賞は私も使わせてもらっているACOUSTIC REVIVEさんのRMF-1やYTP-6R、それにスピーカースタンドのYSS-90HQが受賞、RPC-1とR-AL1が金賞を受賞されています。
    Olasonicさんの製品群も軒並み受賞(NANO-A1は金賞)されていて、なかなか公正な評価だなと。
    それでも一部、「え?それが金賞なの?」というものも見受けられますが、やっぱり視点がユーザーではなく販売店主体だというのがあるのでしょう。
    その他、イヤフォンやヘッドフォンなどからビジュアル機器まで幅広くたくさんの製品が受賞してるので、総合カタログ的な感じで眺めてみるのも楽しいかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/06/21 12:00 pm | VGP 2017 SUMMER はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.